石川

2016年8月16日 (火)

2016夏、青春18きっぷの旅(1日目)

今年も、夏の18きっぷシーズンがやってまいりました。

今回の行き先候補に上がったのは、

(1)東海道線を乗り継ぎ、富士山を見に行く

(2)飛騨高山観光

(3)中国地方のローカル線、木次線乗車

妻と相談の上、妻が列車乗りっぱなしだけでなく、観光もしたいというので、行き先は高山に決定。

 

高山に行くには岐阜経由の往復がオーソドックスですが、せっかく18きっぷを使うのであれば、長距離を乗りたいので、行きは富山経由、帰りは岐阜経由としました。

その後、時刻表とにらめっこしましたが、最寄り駅千里丘を朝一の列車に乗って出発しても、金沢到着が11時41分なので、もう少し早く到着することはできないか再度調べてみると、高槻朝一の列車に乗ると10時2分に到着できることが判明したので、当日は頑張って高槻から乗車することにしました。

 

当日は朝3時30分に起床し、4時過ぎには自宅に出発。

高槻市役所近くのコインパーキングに車を止め、4時40分には高槻駅に到着。

20160723001

乗車するのは5時0分発京都行き。

20160723003 20160723005

この時間帯、さすがに静まりかえっています。

20160723002

車内はがらがらで出発。京都まですべての座席が埋まることなく到着。

 

京都からは米原行きに乗車。12両編成はありがたいです。

20160723006 20160723007

 

米原に到着すると、米原ダッシュが待ち構えています。

乗ってきた列車は12両、次に乗る敦賀行きはたったの2両。

乗客の多数は名古屋方面に乗り継ぐのでしょうけど、敦賀行きは、東京方面からのムーンライトながらに接続していて、米原到着が私が乗車した列車よりも早く到着するので、座席の確保が心配でした。

米原到着後、妻を置き去りにして、座席確保のためダッシュ。

そのおかげで座席2席確保。

米原から、敦賀、福井と521系を乗り継ぎ、

20160723008

10時2分に金沢到着。

 

金沢では昼食を摂る予定ですが、その前に入場券を購入して、

20160723018

北陸新幹線ホームを見学。

当然北陸新幹線は初めて見ます。

一度でいいからグランクラスに乗ってみたいです。

20160723013 20160723016

20160723017

 

金沢駅の外に出て、早めのお昼とします。

20160723019 20160723021

 

向かうは近江町市場。

20160723025

海鮮丼食べました。

20160723026

 

昼食後は富山方面に移動するのですが、富山まではJRではないので別料金です。

一番安く済ませるには、津幡一旦下車、高岡でも下車とすれば、津幡→高岡の運賃のみで済みますが、時間がかかるので、今回は富山行きの高速バスで移動します。

近江町市場そばの武藏ヶ辻バス停から富山駅行きのバスに乗車できるので、ここから富山まで一気に移動です。930円で移動できます。

20160723024

バスは座席が半分埋まるくらいの乗車率でした。

20160723027

定刻より若干遅れて富山駅前に到着。

20160723028

富山は路面電車が大活躍です。いろんな車両が走っていて見てて楽しいです。

20160723029 20160723031

次の乗車まで1時間以上あるので、電鉄富山駅にドトールがあったので、コーヒーブレイク。

 

富山からはまたJRに乗車です。

在来線はホームをあいの風とやま鉄道と共用しています。

高山線はサブの存在です。

20160723034

富山から猪谷までは、JR西日本のローカル線気動車、キハ120系。

ボックスシートに座れました。

 20160723035

越中八尾まではそこそこの乗車がありましたが、越中八尾を過ぎれば車内はガラガラ。

車窓も田舎らしくなってきました。

20160723037

 

猪谷に到着したら、向かい側に止まっている美濃太田行きに乗車します。

猪谷まで乗車してきた人のほとんどがこれに乗り換えてました。

20160723039

車両はキハ25系。新しいのはいいのですが、景色のいい路線でロングシートはいただけない・・・。

猪谷からは山深いところを走り、

20160723040

飛騨古川あたりから民家が目立ち始め、1時間10分で高山に到着。

20160723045

現在高山駅は建て替え中で、秋には完成するようです。

20160723048

 

高山からは歩いて本日の宿に向かいます。

陸橋で撮り鉄をし、

20160723056

旅館清兵衛に到着。

20160723051

元気なおばあちゃんに迎えられ、部屋に案内してもらいます。畳の部屋は落ち着きますね。

20160723052

 

少し休憩して、夕食を食べに外出。

夕食は近くに飛騨牛の焼肉店があったので、そこにしました。

20160723057

まずはビールで乾杯し、

20160723059

飛騨牛焼肉を堪能しました。

20160723061 20160723063

結構値が張りましたが、おいしかったので満足です。

 

この日は朝が早かったので疲れました。早めに就寝し、明日に備えました。

 

※ この日の旅程

高槻 5:00(500B)5:21 京都

京都 5:30(900K)6:37 米原

米原 6:50(127M)7:36 敦賀

敦賀 7:41(233M)8:37 福井

福井 8:41(331M)10:02 金沢

武藏ヶ辻 11:41(高速バス)12:50 富山駅前

富山 14:05(858D)15:03 猪谷

猪谷 15:08(1830D)16:17 高山

| | コメント (0)

2013年9月25日 (水)

お盆の北陸旅行最終日(その3終)

海鮮丼の昼食後、また金沢駅に戻り、違うバスに乗り換えます。

金沢のバスに慣れていないので、どうしても始発バス停に戻った方が確実なのです。

バスでひがし茶屋街最寄りバス停で下車。

丸いポストも健在。

20130816057

町並みも昔にタイムスリップしたかのような落ち着いた感じでしたが、何しろ観光客が多い。

20130816059_3 20130816062

20130816069

妻はここのカフェでお茶希望だったが、お腹が空いてなく時間的にまだ早いので、次のにし茶屋街でしようとしたのが裏目。

にし茶屋街近くのバス停まで移動し、茶屋街と思われるところまで行ってみると・・・、

カフェなんてない・・・。

20130816071

にし茶屋街は観光客もほとんどいないし、ひがし茶屋街よりもマイナーなのね。

お土産をちょろっと買い、最後の観光地、武家屋敷方面へ移動。

武家屋敷を歩いていると、カフェらしき建物を発見し、速攻入店。

20130816076

普通の民家のようなところ(畳の上にテーブルと椅子があった)に通され、アイスコーヒーで一息つきました。

20130816073

休憩後、武家屋敷の残りを見て、金沢観光は終了。

20130816077 20130816078_2

 

武家屋敷から駐車場まで歩いて戻り、金沢とはお別れ。

金沢西ICから高速に乗り、途中敦賀付近で渋滞に巻き込まれたものの、無事大阪まで戻り、2泊3日の旅行は終了したのでした。

| | コメント (0)

2013年9月24日 (火)

お盆の北陸旅行最終日(その2)

次は金沢21世紀美術館です。

兼六園の真弓坂口を出たら目の前です。

20130816038

最近人気があるようで、ガイドブックにも当たり前のように取り上げられています。

20130816040 20130816041_2

20130816045_2

ここは無料エリアと有料エリアに別れるのですが、無料エリアの方は、普通の美術館のように絵画ばかりが展示されているのではなく、工作物が多い美術館だと感じました。

下の画像は油圧式エレベーターです。ワイヤーがないので不思議な感じです。

20130816048

次の画像は、下にいる人達の場所が有料エリアです。

20130816049

有料エリアは、チケットを買い求める列が長かったのでパス。

20130816053

 

時計を見るとお昼近くになってました。

昼食は海鮮丼かハントンライスにしようと考えていましたが、今回は海鮮丼にしました。

最寄りバス停から武蔵ヶ辻まで移動し、向かうは近江町市場。

海鮮丼の店がたくさん入っているので、ここならば確実にありつけます。

20130816054

適当な店に入り、海鮮丼をオーダー。

値は張りましたが、とても美味しくいただきました。

20130816055

| | コメント (0)

2013年9月20日 (金)

お盆の北陸旅行最終日(その1)

昨夜は酒のせいか、なかなか眠れずに朝を迎えました。

7時過ぎに一旦ホテルを出て、片町の朝から開いているお店で朝食。

20130816001

9時にチェックアウトし、車をホテル駐車場から近隣の駐車場に止め直します。

ホテル近隣は飲み屋街が連なってました。

20130816003

金沢は色々観光するところがありますが、バス路線が分からないので、一日乗車券を買って金沢駅に出ました。

20130816004

金沢駅は久々に訪れましたが、綺麗になってますね。

20130816005

金沢駅から兼六園へ向かいます。

駅前のバスターミナルからバスは出ていますが、ほとんどが観光地最寄りのバス停で下車しますね。

という私も、兼六園下でバスを降り、兼六園への登り坂を上り園内へ。

この日はラッキーなことに無料開放日でした。

20130816037

学校や会社の夏休み期間中ということもあり、園内は混雑。

お決まりの撮影スポットも順番待ちで撮影です。

20130816009

その後も園内をのんびり歩きながら、撮影し続けました。

20130816007 20130816013

20130816015 20130816018

20130816020 20130816023

20130816027

あっという間に滞在時間は1時間を超え、次へ向かいました。

| | コメント (2)

2013年9月11日 (水)

お盆の北陸旅行2日目(その4)

当初、菅沼、相倉の合掌集落も見学しようと考えていたのですが、時間が16時を回っていたので、この日の宿泊地、金沢に直行することにしました。

五箇山から金沢までは、高速を使うと1時間で行けるようですが、遠回りの上、金もかかるので、下道を運転しました。

五箇山から相倉の国道156号、集落が少ないためか、車はほとんど走っておらず快適ドライブ。信号もほとんどないため、ストレスもなし。

相倉から国道304号に入ると少しずつ車も増えてきました。

信号待ちの間に、城端線の城端駅をパチリ。駅員も暇そうでした。

20130815119

福光から県道27号に入り、金沢市内へ一気に進みます。

金沢市街地は混雑していましたが、五箇山から2時間弱でホテルに到着。

スマイルホテル金沢に宿泊しました。

20130816002

寝るだけなので部屋は狭いですが、清潔感も十分で、素泊まりで3千円台とは、お盆にしては超格安でした。

夜は北陸の海の幸を食べようと、ホテルで教えてもらった店に行きますが、どの店も満席。

最初ガイドブックで見ていたお店に空きがあるとのことで、そこに入りました。

そのお店ですが、お店の名前表示が小さすぎて入口に迷いました。

20130815129

まずはビールをいただいて、

20130815120

利き酒セットも注文。

20130815122 20130815123

そして料理も楽しみました。高級魚のノドクロも食べることができて満足でした。

20130815124 20130815127

| | コメント (0)

2013年9月 7日 (土)

お盆の北陸旅行2日目(その1)

夜は8時間睡眠で休養十分。

朝食は7時30分からで、品数の多い食事でした。

20130815001

チェックアウト際、宿のおかみさんから行き先を聞かれ、スーパー林道に行きますと行ったら、ちょうどキャンペーン期間中で、白山スーパー林道周辺の温泉宿に宿泊すると、片道無料通行券がもらえるとのこと。片道2,500円(7、8月の割引価格、通常は3,150円)するので助かりました。

9時に宿を出発し、料金所手前の茶屋で無料通行券と交換します。

20130815011

料金所を通過し、のんびりと進みます。

白山スーパ林道は全長33.3キロの片側1車線全面舗装道路で、山岳道路にしてはとても走りやすいです。

20130815014

途中、滝を眺めながら、

☆ しりたか滝
20130815015

☆ かもしか滝
20130815020_2

蛇谷園地駐車場に駐車。

ここから姥ヶ滝を目指して歩きます。

行きは下りなのでとても楽ですね。

15分歩いて姥ヶ滝に到着。水量が多くてとても涼しく感じます。

20130815025 20130815031

この日もとても暑いので、川に足をつけてみました。

この川の水、めっちゃ冷たい。

暑い中での冷たい水、最高です。

20130815039 20130815042

ここには、滝を見ながら入れる温泉(親谷の湯)があるのですが、お湯がなくて使用中止でした。

帰りは来た道を帰るだけですが、延々上りが20分続くので、駐車場に着いたころには汗びっしょりでした。

 

次はふくべの大滝を目指します。

駐車場にはぼちぼち車が止まってました。

20130815050

駐車場のそばに滝があるので、記念撮影する人で賑わってました。

☆ ふくべの大滝
20130815047 20130815051

 

白山スーパー林道はまだまだ続きます。

| | コメント (0)

2013年9月 4日 (水)

お盆の北陸旅行1日目(その4)

永平寺の大広間で涼んで、意外と時間を食ってしまったので、宿に直行することにしました。

時間があれば越前大仏や越前大野城にも寄ろうと考えていたのですが、宿に到着する時間が遅くなり、宿の人に迷惑をかけるのでやめました。

途中、午前に引き続き、午後も踏切に引っかかったので、えちぜん鉄道の車両をパチリ。

20130814077

この日の宿は白山市の一里野温泉だったので、永平寺から、国道416号、国道157号経由で行きました。

勝山市街地を過ぎ国道157号に入ると、交通量がガクンと減り、対向車ともたまにしかすれ違いません。

勝山市街地から一里野温泉までほぼノンストップで走り続け、16時30分に宿に到着しました。

この日お世話になったのは、「花くるみ」さんです。

20130814078

一里野温泉スキー場が目の前で、冬に賑わいを見せるのでしょう。

20130814079

到着してすぐに汗を流します。

浴室は2か所あり、私が入ったのはいたって普通の家庭にあるような浴槽でしたが、源泉かけ流しで贅沢にもお湯が溢れていました。湯温も丁度よく、真夏でなければゆっくり浸かっていたいところでした。

湯上がりは部屋のエアコンで涼をとり、1時間くらい経つとお楽しみの夕食時間となりました。

夕食は、山菜や川魚など、地の物を中心とした素朴な料理がたくさん並び、さらにデザートまでついて、とても満足した夕食でした。

20130814080 20130814083

20130814084 20130814085

食後は本日の疲れがどっと出てしまいました。

朝5時に出発したこともあり、早めに就寝しました。

| | コメント (0)