滋賀

2013年5月23日 (木)

河内風穴と彦根城(その2終)

国道306号に戻り、まもなくして彦根に到着しました。

目的地は彦根城です。

駐車場に車を停め、ちょうどお昼時だったので、腹ごしらえすることにしました。

滋賀といえば近江牛ということで、近江牛のステーキを手軽に食べられる店をさがしましたが、提供している店は金額的に無理な所ばかりで、路線変更し、近江牛のハンバーグを食べることにしました。

お昼は、3種類のランチだけやっているようです。

20130518031

レトロっぽいお店に入り、近江牛のハンバーグ御膳を注文。

10分程してテーブルに運ばれてきました。

20130518032

さっそくハンバーグに手を延ばして食べてみると、ちょうど良い歯ごたえでうまみもあって美味しかったです。

食後は彦根城に向かいます。

表門から中に入ると、

20130518034

ひこにゃんの登場時刻が掲載されている看板を発見。

20130518036

着いたのが13時20分だったので、ちょうど13時30分の回に間に合いました。

出演会場に向かい、ひこにゃんを待ちます。

時間になると、ひこにゃんがゆる~く登場して来ました。

とっても動きが遅いですが、係員によると、パフォーマンスをしているとのことです。

ひこにゃん、今でも人気は根強いです。

20130518040 20130518043

20130518044 20130518052_3

多くのギャラリーも撮影に夢中でした。

20130518046_4

後ろの人に場所を提供して、私達は彦根城の本丸へ。

天守閣自体は他のお城に比べて大きくはないですが、国宝だけあって、素晴らしい造りです。

20130518058 20130518062

20130518061 20130518067

上まで登ると、琵琶湖が遠望できます。

20130518064 20130518065

お濠では、ハクチョウはカメがのんびりしていました。

20130518070 20130518074

彦根城を後にし、最後の目的地、十王村の名水をめざしました。

十王村の名水は名水100選に選ばれていて、水を汲んで帰ろうと思っていたのです。

地図を片手に進みますが、道路に案内板が全くありません。

勘で交差点を曲がると、偶然にも見つけることがでしました。

唯一の看板がこれです。

20130518082

場所は地元の人しか利用していないような所でした。着いた時には水汲みの人は一組しかおらず、すぐに汲むことができました。

こんこんと湧く水、とても美しかったです。

20130518079 20130518080

20130518081

帰路は、高速代節約のため、国道8号で栗東ICまで走り、ここから高速に乗りましたが、一桁国道なのに栗東まで片側1車線が予想外で、栗東までかなり時間を要しました。

夕方になっても名神の工事渋滞(朝の事故の復旧作業)が続いていたので、行きと同じ道を帰りました。

| | コメント (2)

2013年5月22日 (水)

河内風穴と彦根城(その1)

先週土曜日は天候が良くお出かけ日和でした。

せっかくなのでドライブに行くことにし、新聞かテレビで知った、滋賀の鍾乳洞を目指すことにしました。

通常ならば名神吹田ICから名神を走ると早いのですが、この日は茨木あたりで車の事故があって渋滞しており、ルートを変更して、国道1号から京滋バイパスの巨椋ICへ向かい、ここから高速を利用しました。

八日市ICから国道307、306号を走り、自宅から2時間ちょっとで、目的地である「河内の風穴」に到着。着いた時には観光客はゼロでした。

駐車料金(2時間400円)と入場料(一人500円)を払い、鍾乳洞入口へ進みます。

20130518002 20130518003

遊歩道を歩くと、綺麗な川が流れていたりします。

20130518005

川を過ぎた頃から山道となり、歩道は整備してあるとはいえ、登山しているような気分でした。

20130518008

登りきった所に、河内の風穴の入口がありました。

穴から吹いてくる冷風が気持ちいいです。

20130518011 20130518012

入口に行くと、コウモリらしきものが目の前を横切り、いきなり恐怖心がやってきます。

が、鍾乳洞の中に入ると、鍾乳洞につきものの、つららのようなものは無く、ごつごつしてた岩場を歩いているようでした。

20130518014 20130518018

20130518020 20130518028

鍾乳洞は4層にわかれていますが、見学できたのは、その内の1層だけでした。年中12℃に保たれているので、夏場に涼みに行ってみるのもいいかもしれませんね。

1時間程で駐車場に戻り、次は彦根を目指しました。

| | コメント (0)

2013年2月17日 (日)

びわ湖バレイ

先週の三連休、3年ぶりにスキーに行きました。

どこに行ったかというと、滋賀の「びわ湖バレイ」(大津市)。

http://www.biwako-valley.com/

自宅から一番行きやすいスキー場です。

普通の寒さならノーマルタイヤでOKなのですが・・・。

 

三連休期間中は、いつもの土日より混雑するとの情報を仕入れていたので、土曜日の早朝出発としました。

朝6時に自宅を出発し、コンビニで飲み物を仕入れ、吹田ICから高速に乗ります。

京都南ICを過ぎたあたりから雪が降り始め、京都東ICはうっすらと積雪。

ここからスキー場までは雪が降り続きましたが、自宅から90分とかからずにびわ湖バレイ入口に到着。

駐車場に入ろうとゲートでお金を支払おうとすると、駐車場は積雪があるのでチェーンを付けてくれとのことだったので、一旦Uターン。

チェーン装着も久しぶりだったので、巻くのに一苦労。

20130209036

無事巻き終えて再出発しようとすると、チェーンを持ってきていない親子が、ロープウェイ乗り場まで同乗させて下さいとお願いされたので、喜んで乗せてあげることにしました。

再度ゲートに向かおうとすると、車の台数が明らかに増えています。

料金払うまで大分待ちましたが、8時前には駐車することができました。

スキー道具を持たないので、まずはスキーセットをレンタル。

それからロープウェイとリフトのチケットを購入します。

普通のスキー場ならば、駐車場からゲレンデにあるリフト乗り場までは、歩いて行けば到着するのですが、びわ湖バレイはロープウェイに乗車しないとゲレンデに行くことができません。ロープウェイ料金は別料金で1,800円かかるのが痛いです。

120人乗車出来るロープウェイで約3分、ようやくゲレンデに到着。

一週間前の高温とは打って変わって、この日は雪が降り続いています。ゲレンデもいい感じでパウダースノーがのっかってます。

20130209005

中級コースはまだ空いています。

20130209006

蓬莱山ゲレンデから打見ゲレンデを眺めると、いつの間にか大混雑。

20130209007

 

混雑回避のため、昼食は11時からレイクビューでいただきます。

オープンと同時に入りましたが、結構混雑してます。

スキー場では珍しくバイキングスタイル(1,500円)。

ガッツリいただきました。

20130209012

     

午後に入ってからもスキーヤーやボーダーが続々やってきて、リフトも並ぶようになってきました。

20130209019

午後も雪は降ってましたが、時折青空も見えるようになってきました。

20130209020

びわ湖バレイの売りは、晴天時の琵琶湖を見下ろす眺めなのですが、粘った甲斐があって拝むことができました。

20130209024

20130209029

20130209030

琵琶湖に向かって滑るスキー、最高です!

昼食後、トイレ以外は休憩せず滑り続けたので疲れが早く来て、16時で終了し下山しました。

 

帰りは湖西バイパスで若干渋滞にはまりましたが無事大阪入り、万博記念公園近くの万博おゆばで汗を流して帰宅しました。

| | コメント (2)