佐賀

2013年1月14日 (月)

日帰り温泉&グルメ旅(その5 終)

駅ビルのお土産屋を冷やかし、16時30分発の旧線経由佐世保行きに乗車します。

20130103058

当初は17時00分発の新線経由鳥栖行きに乗車しようと考えていましたが、旧線を通ったことがなかったので、長与経由の旧線に初乗車できました。

 

諫早で下車し、当初乗車予定の鳥栖行きに乗り換えます。

20130103059

長崎で遊んだ帰りの中高生が多く乗車していましたが、佐賀との県境近くの駅までにほとんど下車し、1両に5人程度の乗車人数になりました。

 

車内も落ち着いてきたので、最後のグルメ、夕食をいただきます。

食べるのは長崎グルメの一つ、トルコライス弁当。長崎駅で購入しておきました。

トルコライスはトンカツ、ナポリタン、ピラフが一つの皿に盛られています。

今回は弁当なので、ご飯部分とおかず部分が仕切られてました。

20130103060 20130103061

贅沢言えば温めて食べたかったと思いましたが、普通に美味しかったです。一度は長崎のお店で座って食べてみたいです。

 

諫早から2時間乗車し鳥栖へ到着。

快速列車に乗り換えて自宅へと戻りました。

(終)

| | コメント (0)

2013年1月11日 (金)

日帰り温泉&グルメ旅(その2)

武雄温泉駅に戻り、10時13分発の佐世保行きに乗車。

2両編成でもガラガラでしたが、有田で冬休み中の大量の中高生が乗車し、立ち客が多数出る盛況ぶり。

途中信号トラブルがありましたが、1時間弱で佐世保に到着しました。

20130103022

     

佐世保での目的は、ずばり「佐世保バーガー」。

観光案内所にあったバーガーマップを見て、駅から徒歩圏内の店に向けて歩きます。

途中立派な天主堂がありました。

20130103023

天主堂と言えば長崎市内にたくさんあるイメージでしたが、佐世保にもあるんですね。

15分歩いて「BigMan」というお店に到着。

開店直後なのに店内は大盛況でした。

20130103027

色んなメニューがあります。

20130103024

店内は混雑していましたが持ち帰り客の方が多く、座席にはすぐにありつけました。

注文したのはトリプルバーガー(590円)。ベーコンエッグバーガーとベーコンチーズバーガーのいいとこ取りをしたハンバーガーで食べ応えがありました。味もグッド。

20130103026

食事を済ませた後は駅に戻り移動です。

アーケード街にシュークリーム屋があったので、食後のおやつとして列車内で食べようと購入しました。

20130103028

 

次に続きます。

| | コメント (2)

2013年1月10日 (木)

日帰り温泉&グルメ旅(その1)

年が明けての1月3日、青春18切符を使って日帰り旅を決行しました。

 

気温1℃の中、香椎を6時3分の列車(南福岡から快速)に乗車。鳥栖で下車します。

鳥栖では30分近く待ち時間があったので、ホーム上の待合室で待機。

ホームからは、昨季J1で5位となったサガン鳥栖のホームグラウンドが見えます。

20130103004

     

5番ホームに次に乗る列車が入線。

7時24分発の、早岐・肥前大浦行きです。

20130103002

6両編成ですが、前2両が早岐行き、中2両が肥前大浦行き、後ろ2両が肥前山口止まりのユニークな編成です。

1時間強乗車すると、最初の目的地、武雄温泉に到着。

列車本数は少ないのに、立派な高架駅です。

20130103005

 

観光案内所でもらった地図を見ながら、これから入浴する武雄温泉に向かって歩きます。

10分位で武雄温泉の入口にある楼門に到着。

20130103008

楼門をくぐると、入浴できる温泉が何ヶ所かあり、今回は歴史のありそうな元湯に入浴。

20130103010

元湯には、「あつ湯」と「ぬる湯」がありましたが、ぬる湯で43℃とは、40℃前後の湯を好む私にとってはかなりの拷問。

ちなみにあつ湯は45℃であり、罰ゲームができる熱さ。

20130103011

折角なので、あつ湯、ぬる湯の両方に浸かりました。

あつ湯には、ぬる湯で体を慣らしてから入ったのですが、熱いではなく痛いという表現が当てはまりますね。

熱いと一人で文句を言いながら入ったり出たりで30分浸かり、体は十分温まりました。

 

入浴後外に出てみると、鳥の置物のようなものがあったので近づいてみました。すると、本物のフクロウでした。

20130103015

温泉で鷹のショーを行う人に聞いてみれば、このフクロウは訓練されていて、触っても大丈夫ですよとのことだったので、頭や羽をなでてみました。

フクロウは慣れている感じで全く表情を変えずにじっとしたままでした。

こんなところで貴重なものに触れられて満足し、駅へ戻りました。

 

次は佐世保に向かいます。

| | コメント (2)