奈良

2016年11月21日 (月)

紀伊半島縦断旅(1日目の1:自宅→十津川村)

数週間前の土日に1泊2日で、ドライブ&温泉旅に行ってきました。

 

土曜の朝、早起きできたので、自宅を7時15分に出発。

中央環状線を南下、途中、堺のコンビニで飲み物を買い、美原から南阪奈道で奈良県に入ります。

五條からはR168に入り、山道を快走。

自宅を出発して2時間半、道の駅吉野路大塔でトイレ休憩。

20161105001

 

R168はカーブが多いですが、一部を除き道幅も十分で、ドライブするには楽しい道です。

20161105002 20161105004

 

道の駅から30分弱で、十津川村の谷瀬の吊橋に到着。

この橋は、元々は生活道路ですが、貸し切りバスも訪れる観光地になってます。

20161105008 20161105010

橋には、一度に20人以上渡れませんという注意書き。

20161105012

実際渡ってみると、揺れる揺れる。

板張りの下は何もなし。板が割れたら真下に落ちると思うと恐怖心を覚えてきます。

20161105013_2 20161105017

橋上から見る景色は素晴らしいですよ~。

20161105015 20161105016

対岸に渡りきった後、対岸から見た吊橋。

20161105025

対岸に渡ったということは、来た道を引き返すということです。

帰りは人が少なかったので、揺れも大きくなく、楽々渡れました。

 

時間は11時を過ぎ、早めですが昼食をとることにします。

吊橋近くに看板が出ていたお店「風庵」に行きます。

吊橋から3分で到着。

飲食店の少ない地域にある貴重なお店です。

20161105031

昼食はざるそばの定食にしました。おいしくいただきました。

20161105033

 

次の目的地に向かう途中、村役場そばの道の駅十津川郷でトイレ休憩。駐車場はなかなかの混み具合です。

20161105035

   

次の目的は、ある乗り物に乗ることです。

十津川村には「野猿」という面白い乗り物があります。川の対岸に渡るための1人乗り手動ロープウェーといえばいいのでしょうか。

十津川村には野猿が2か所あるらしく、そのうちの一つに行ってみましたが・・・、工事につきまさかの使用中止。

20161105036

下左の画像にある乗り物に乗って、下右画像の川を渡りたかった・・・。

20161105037 20161105039

どうしても乗りたいので、もう一か所の野猿に行きます。

もう一つは「昴の郷」にあり、こちらは待ち人なしで乗ることができました\(^o^)/。

画像の籠に乗り、

20161105050

中間地点までは下りなので、何もせずに進みます。

20161105048

対岸まで行くと時間がかかるので、中間地点で引き返しました。

帰りは上りなので、必死でロープを引っ張ります。

結構腕力が要ります。

20161105041_2

ゴール直前の画像。

20161105042

最後は妻にも手伝ってもらいゴール。

妻も私と同じように野猿を体験。

童心に帰ってとても楽しめました。

 

昴の郷を出発し、R168に合流し車を走らせると、ようやく和歌山県に入ります。

| | コメント (0)

2016年5月 8日 (日)

吉野千本桜と伊勢神宮

1か月も前の話ですが、満開の桜を見に、吉野まで出かけてきました。

桜満開時の週末の吉野は、周辺道路が大変渋滞するので、渋滞に巻き込まれないよう朝5時に自宅を出発。

中環→南阪奈道路→R165→R169経由で向かいました。

途中の道の駅では、車中泊らしき車が多数。ほぼ奈良県外ナンバーの車でした。

20160409001

吉野へは渋滞もなく、吉野大橋付近に1時間30分で到着。

桜シーズン中は交通規制があるので、麓の臨時駐車場に止めようとしましたが、まだ交通規制時間外だから上まで車で上れると係員が教えてくれたので、如意輪寺近くまで車で移動しました。

早起きは三文の得といいますが、中千本近くまで車で行けたのは、本当にラッキーでした。早起きしてよかった~

如意輪寺近くの駐車場、朝7時前なのにほぼ満車でした。

20160409002

 

準備を済ませて早速中千本や上千本目指します。

如意輪寺を抜ける道が近道と書いてあったので、如意輪寺を通過し、

20160409006 20160409005

視界が開けると、綺麗に桜が咲き誇っています。

20160409008 20160409011

20160409012 20160409016

20160409025 20160409026

高台に上ると、こんな景色が!

20160409035 20160409034

 

中千本バス操車場まで進み、ここからは上千本方面へ歩きます。

視界が開けたところでは、観光客が立ち止まって熱心に撮影しています。

もちろん私も撮影しました。

山がピンクに染まる光景、本当に素晴らしいです。

これまでテレビや雑誌でしか見たことがなかったので、このような景色が見れて感無量です。

20160409052 20160409057

20160409064 20160409066

20160409071 20160409076

 

上千本の中にある吉野水分神社で参拝。

朱印をもらってる人が多かったです。

20160409078 20160409081

 

予定ではここで引き返すつもりでしたが、まだ午前8時台だったので、更に奥を目指しました。

上り坂を30分歩き、奥千本の中にある金峯神社に到着。

ここでも参拝します。

咲いてはいましたが、この辺は桜はまだ早かったようです。

20160409084 20160409085

20160409087 20160409091

 

金峯神社からは来た道を引き返します。ここまでずっと上り坂でしたので、帰りはもちろん下り坂です。

途中の高城山展望台でちょっと休憩。

遠くに奥千本の桜が見えました。

20160409094

時間も10時台となると、観光客が大量に押し寄せてきます。

ピーク時の吉野の人出は半端ないですね。

20160409110 20160409111

中千本バス操車場からは、舗装された道を歩き、

20160409115 20160409117

如意輪寺近くの駐車場に到着。吉野の桜を4時間強堪能できました。

 

自宅を早く出発したおかげて、時間はまだ11時。

この日の予定では家に真っすぐ帰るつもりでしたが、まだ時間がたっぷりあるので、少し遠いですが伊勢神宮を目指すことにしました。

麓に下りて、東へ進みます。

途中、昼食を摂り、

20160409127

でんがらを購入し、

20160409129
(水曜どうでしょうを見た事がある人は分かるかと思います)

勢和多気ICから高速を利用し、約3時間(昼食休憩込み)で伊勢神宮外宮に到着。

伊勢神宮は外宮→内宮の順で参拝します。

伊勢神宮だけは、鳥居をくぐる時に一礼する人が目立ちますね。

20160409131 20160409132

20160409136 20160409137

馬がいたのでパチリ。

20160409142 20160409143

 

参拝を済ませ、内宮へ移動。

内宮入口に近い駐車場は満車だったので、1キロ程離れた駐車場へ駐車します。

20160409144

おはらい町を通り抜け、

20160409148 20160409151

内宮入口に到着。

20160409152

宇治橋を渡り、五十鈴川で手を清め、

20160409157

静かな参拝路を歩き、

20160409158

正宮で参拝。

20160409159

内宮入口に戻ってきたのは16時頃だったと思いますが、続々と参拝客が来てましたね~。さすが伊勢神宮です。

 

伊勢神宮からは、高速を利用して大阪へ戻りました。

新名神のおかげで、休憩しなければ伊勢から自宅まで2時間30分。

夕刻、琵琶湖が一望できる大津SAで休憩。

20160409169

SA内のレストランで近江牛を食べると、

20160409171

外は真っ暗。夜景が綺麗でした。

20160409173

 

朝5時から20時頃まで動いていましたが、大変充実した一日でした。

| | コメント (2)

2015年3月29日 (日)

段ボールSL

昨日はあるものを見に今月2度目の奈良県へ。

場所は橿原市。

自宅からの距離が50キロもなかったので、下道使っても1時間半あれば到着するだろうと思っていたら、所要時間まさかの1時間55分で橿原市のイオンに到着。

20150328001

早速目的の物を見学。

お目当ては、段ボールで製作された原寸大のSL(D51)。

これを黒塗りしたら、本物のSLと見間違えるほどの出来栄え、質の高さです。

偶然か必然か、本物のD51を設計したのが島秀雄さんで、段ボールのD51を設計したのが島英雄さん、よみは同じ「しまひでお」さんらしいです。

鉄道に興味のない方でも楽しめるものだと思います。

20150328002 20150328004

20150328008 20150328011

細かいところも精巧に作られています。

20150328013 20150328014

20150328021 20150328022

車両番号は1162。本物のD51の、最後の車両番号1161の次の番号を取っているみたいです。

20150328003 20150328007

建物2階からパチリ。

20150328017

展示は今日までで、全国を巡回するので明日は解体するらしいです。

さすがにそのままでは持ち運びできないですもんね。

展示は九州から始まって、東へ移動して行っているので、最後は北海道まで行くのかな?

チャンスがあれば是非見てもらいたいです。

 

昨日は橿原市まで行った甲斐がありました。

| | コメント (2)

2015年3月15日 (日)

奈良お寺巡り(2)

法隆寺から奈良市内へは路線バス一本で行くことができ、フリーきっぷも使えるのですが、所要時間が1時間以上もかかるので、JR法隆寺からJRで奈良へ移動しました。

小型のバスに乗って、JR法隆寺へ。

20150308049

JR法隆寺からJR奈良へは所要11分(220円)。

20150308051(奈良駅前)

 

駅前からバスで東大寺方面へ。

奈良公園は相変わらずの鹿の多さ。

20150308052 20150308054

東大寺へ通じる通路は御覧の通り大混雑。

海外からのお客様の多いこと。

20150308056

まずは中門前。

20150308058

20150308059 20150308060

拝観料を払い大仏殿へ。

20150308062 20150308064

大仏を拝みましょう。

20150308068 20150308073_2

20150308075 20150308081

大仏の裏側はこんな感じ。

20150308079

この後正倉院に行くも、宮内庁管轄だからなのか土日祝日は休館のようで(要するに公務員の休日と同じ)、そそくさと退散。

 

最後は歩いて興福寺へ。

20150308083 20150308085

まず東金堂を見学し、その後国宝館へ。

有名な阿修羅像は国宝館の中にいらっしゃいました(撮影禁止なので画像はありません)。

阿修羅以外にも国宝や重要文化財の仏像がたくさん。

仏像好きには見ごたえ十分の展示物でしょう。

 

帰りは高架駅のJR奈良に対し、地下駅の近鉄奈良駅から

20150308086

近鉄、地下鉄と乗り継いで2日間にわたる仏像巡りは終了しました。

 

久しぶりの寺社仏閣巡りでしたが、たまに行くにはいいかもですね。しかし拝観料でどんどんお金が消えて行くのにはまいりました。施設維持のため必要なのでしょうが、もう少し安くしていただけると観光客にとっては非常に助かります。

★ 今回払った拝観料(一名分)

平等院:600円

鳳凰堂内部拝観:300円

法隆寺:1,500円

中宮寺:500円

東大寺:500円

興福寺東金堂:250円(割引料金)

興福寺国宝館:500円(割引料金)

合計:4,150円

| | コメント (0)

奈良お寺廻り(1)

日曜日は奈良方面へ。

奈良市内なら自宅から車で1時間もあれば到着出来るのですが、今回は観光地が一か所に集まっていないことや、駐車場の心配があるので、この日も公共交通機関で移動です。

使用した切符は、「奈良・斑鳩1dayチケット(1,650円)」。

20150308001

この切符は乗り放題エリアが広いのです。

とりあえず範囲を書いてみます。

大阪市交通局は地下鉄、バス、ニュートラム。

近鉄は大阪難波-近鉄奈良、京都-筒井、長田-生駒、鳥居前-生駒山上(ケーブル線)。

奈良交通バスは、奈良公園・西の京・法隆寺フリー区間。

http://www.kotsu.city.osaka.lg.jp/library/ct/other000013400/20140401_nara_ika.pdf

奈良のフリーきっぷなのに、難波や京都まで乗り放題とは太っ腹です。

当然、自宅最寄り駅から奈良までの単純往復で元が取れます。

混雑を予想し、朝6時台には自宅を出発。

最寄り駅(地下鉄)東梅田・梅田(地下鉄)なんば

大阪難波(近鉄)大和西大寺

20150308002 20150308005

大和西大寺の複雑な配線を見て、

20150308008_2

大和西大寺(近鉄)筒井

20150308009 20150308010

筒井駅(バス)法隆寺前のルートで法隆寺到着。

20150308011 20150308013

朝早すぎたのか、観光客はまばら。

観光客が少ないのでゆっくり観光できます。

20150308014 20150308019

中門の金剛力士像。「阿吽の呼吸」の言葉の由来。

20150308020 20150308021_2 (阿形と吽形)

中に入れば五重塔、金堂、大講堂と国宝がずらり。

20150308022 20150308023

20150308025 20150308027

途中、職員の説明を聞きながらお勉強。

建物内の仏像も当然大多数が国宝。

どれもが立派過ぎて、何と表現してよいか・・・。

境内には梅の花も咲いており、春が近いことを知らせてくれます。

20150308030

大宝蔵院を経由し夢殿へ。本尊は春と秋の一般公開の時しか見られません。

20150308036

その後お隣の中宮寺へ。

アルカイックスマイルの典型とされる菩薩半跏像を拝観。

20150308037 20150308038

法隆寺方面へ戻り、眺めの良い西円堂へ。

20150308043

たっぷり2時間以上、法隆寺、中宮寺を堪能しました。

 

奈良市内に移動する前に、名物柿の葉寿司で昼食タイム。

20150308046_2

 

食後は奈良市内へ移動です。

| | コメント (2)

2013年11月16日 (土)

奈良公園へ

今日は奈良公園まで行ってきました。

自宅から奈良公園までは意外と近く、距離にして35㎞、車で1時間で行くことができます。

奈良県庁の駐車場に車を止め、公園へ向かいます。

20131116001_3

公園内に入ると、早速シカのお出迎え。人慣れしていますね。

20131116002_2

紅葉とシカを写してみました。

20131116006_3 20131116012_3

東大寺方面も紅葉が進んでいました。

20131116021_2 20131116022_2

20131116023_2 20131116028_2

20131116029_2 20131116036

東大寺は観光客でとても混んでました。

海外からの観光客が特に目立ちました。

20131116037

※ シカに追われる外国人観光客

20131116039

南大門と金剛力士像です。

20131116041

20131116042 20131116043

中門と大仏殿です。大仏見学は有料だったので、建物のみの鑑賞です。

20131116046 20131116047

20131116048

お水取りで有名な二月堂です。

20131116051

イチョウの色づきも鮮やかでした。

20131116056 20131116057

昼食は「おにぎりあたためますか」で紹介された麺闘庵さんへ。

20131116060

名物は巾着きつね。

大きなあげの中にうどんが入っているという、変わった食べ物です。

20131116058

あげを破くと、うどんが現れました。

20131116059

出汁が美味しく、最後まで飲んでしまいました。

最後は興福寺を見て、

20131116067

本日のお出かけは終了~。

| | コメント (2)

2012年11月12日 (月)

紅葉を求めて(2)

紅葉を求めて(1)の続きです。

 

名張中心部から香落渓へは10km程度、車で15分です。

香落渓は8キロほど続いています。

現場に着きましたが、駐車スペースが少なく、ピーク時は渋滞しそうです。

紅葉の方は、赤、オレンジ、黄、緑のコントラストや柱状節理が見事で、期待以上でした。

いいドライブコースを見つけました。

20121110097 20121110098

20121110099 20121110102

20121110108 20121110110

香落渓の景観を十分に堪能し、最後は奈良県に入りススキで有名な曽爾高原へ向かいました。

香落渓の道をそのまま進み、高原入口に入ると上り坂が続きます。

この日は高原へ向かう道路は渋滞回避のため一方通行でした。

駐車場は混雑していましたが、すぐに駐車できました(600円)。

20121110111

残念ながらススキは見頃ピークを過ぎているようでしたが、まだまだ散策は楽しめます。

高台では、夕日待ちをするアマチュアカメラマンの三脚が何本も立てられていました。

20121110113 20121110121

20121110128 20121110133

20121110136 20121110144

帰りはR369に出て、榛原経由で針ICに戻り、針ICからは行きと同じルートで帰宅しました。

自宅から2時間で紅葉スポットに行けるのは本当にありがたいです。時間があれば更に開拓したいと思います。

| | コメント (2)

2012年6月 9日 (土)

生駒山からの夜景

先日、生駒山に夜景観賞に行ってきました。

大阪と奈良の県境にあるので、自宅から車で1時間は見込んでいましたが、50分で到着。距離は30キロ弱で意外と近かったです。

有料道路で700円取られるのは痛いですが、大阪方面の綺麗な夜景が見られるので仕方ないですね。

夜景の方はというと、少し霞んでて遠くまではっきりとは分かりませんでしたが、綺麗な夜景を拝む事ができました。

20120601018 20120601022

場所を変えて撮影してみました。

20120601026 20120601028

帰りは道路も混んでなく、40分で自宅に到着しました。

| | コメント (0)