旅行・地域

2018年5月 4日 (金)

2018春、青春18きっぷの旅(2日目)

朝7時から朝食をいただきます。

20180401003

ホテルからの眺め。

今日も良い天気です。

20180401002

 

ホテルをチェックアウトし、トコトコと歩きます。

銀行の看板の背景が白色なのは、景観条例か何かなのでしょうか。

20180401004

松本の桜の開花予想は4月7日頃と、どっかのネット記事で見ましたが、この時点で、ぼちぼち咲いてました。

20180401005 20180401007

 

ホテルから15分ほどで松本城に到着。

20180401010

まだ開城前だったので、目の前に見える天守閣を撮影。

20180401012 20180401013

 

8時30分となり開城。

海外からのお客様がめっちゃ多い!

チケットを購入するのに時間を取られましたが、その後はゆったりできました。

20180401019 20180401021

 

天守閣からの眺め。

実は松本城の中に入るのは初めてです。

20180401022 20180401023

20180401024 20180401026

 

サクラはというと、松本城のサクラは満開に近いじゃないですか!

松本城とサクラ、とても美しいです。

20180401035 20180401037

20180401046 20180401057

しだれ桜もいいですね~。

20180401048 20180401047

20180401058 20180401048_2

最後にお堀の外からの松本城。

20180401065 20180401068

サクラが満開に近い時に松本城を訪れることができてラッキーでした。

 

松本城を出て、松本駅まで歩きます。

途中で見つけたマンホールのフタ。

20180401071

 

松本駅に戻りました。

20180401072

松本といえばこの病院ですね。

20180401073

 

松本はひたすら乗り継いで帰ります。

まずは中津川行き。

20180401075 20180401076

2両編成でしたが、ちょうど座席が埋まるくらいの乗客。

しかし、塩尻から乗り継いできた人は座れませんでした。

20180401077

岐阜県に近づくにつれて、サクラが目立つようになってきました。

20180401087 20180401088

2時間半で中津川に到着。

20180401093 20180401094

 

中津川で折り返しとなる快速が8両で到着。

しかし、中津川で4両切り離したため、残り4両で名古屋に向け出発。

20180401097 20180401098

高蔵寺で車内はかなり混み、鶴舞では通勤ラッシュ並みの混雑となりましたが、無事金山で下車。

 

名古屋まで乗っても良かったのですが、米原行きで座るためには、名古屋の手前の駅で乗り換えた方が、座れる確率が上がるので、金山で米原行きを待ちました。

20180401101

米原行きが来るまで軽く撮り鉄。

20180401102 20180401103

米原行きが到着。無事座れました。

20180401104

 

名古屋で大量下車、大量乗車があり、混雑した状況の中、米原方面へ進みます。

清洲城や愛知機関区を眺め、

20180401105 20180401108

満開のサクラを眺め、

20180401112

米原に到着。

 

次の新快速で座席を確保して名古屋方面のホームを見たら、すごい数の乗客!

名古屋方面行きが発車する前に、後2本米原にやって来る列車があるのに、全員乗れたのだろうか。

20180401116

 

春休みの観光シーズンでもあり、次の彦根で立ち客も出て、新快速は大盛況。

高槻で普通列車に乗り換え、明るいうちに最寄り駅に到着。

 

夕食は外の定食屋で済ませ、

20180401117

今回の旅は終了しました。

 

★ この日の乗車記録

松本 10:25(1826M)12:54 中津川

中津川 13:20(快速5734M)14:30 金山

金山 14:54(快速5511F)16:09 米原

米原 16:17(新快速3295M)17:27 高槻

高槻 17:32(1197B)17:42 千里丘

| | コメント (0)

2018年5月 3日 (木)

2018春、青春18きっぷの旅(1日目)

1年ぶりに青春18きっぷを購入し、3月初旬に1回分使いましたが、残り4回分は、妻と一泊二日の旅に利用しました。

大阪近郊は結構乗りつぶしているので、今回は思い切って、一部新幹線を利用します。

 

最寄り駅で2人分スタンプを押してもらい、

20180331006

いつものように朝一の列車で西方面へ。

20180331001

西方面といっても、新大阪で下車。

 

新大阪からは新幹線で一気にワープ。

6:00発のぞみ200号bullettrain

東海道区間の新幹線乗車は、実に10年以上ぶり。

20180331002 20180331003

事前にEXPRESS予約で割引切符を用意していました。

20180331007

前日買っておいたパンにて朝食。

20180331008

6時ちょうどに発車した新幹線は、あっという間に自宅近くの鳥飼車両基地を通過。

20180331010

名古屋で車内はほぼ満席。

20180331012

かすかに富士山が見えました。

20180331014

新幹線は定刻通りに東京駅に到着。

 

ここから青春18きっぷを再び使用します。

乗りたい列車の接続がタイトだったので、在来線ホームにダッシュ。

乗り換え改札の自動改札でEXPRESS予約の切符が受け付けられなかったのは焦りましたが、有人改札で事情を説明して無事通過し、6分接続に成功。

高崎行きのホームから見えた、東京駅の0キロポスト。

20180331017

上野で座席にありつけ、高崎まで座れました。

20180331018

 

高崎で水上行きに乗り、水上からは長岡行き(水上から越後湯沢までは土休日のみ運転)に乗車。

新型車両です。

高崎から乗車していた人はほぼこの列車に乗り継いでいました。

20180331019 20180331020

トンネル内にある湯檜曽駅。

20180331024

次の土合駅で大量下車がありました。

下りホームから出口まで階段を登って10分かかる駅ですが、一度下車してみたいですね。

次の土樽駅からは新潟県。トンネルを抜けると雪国でした。

20180331029

 

越後湯沢で下車します。この日のルートで昼食できそうな場所がここくらいしかなかったので、昼食休憩。

20180331034

改札外には、土産物屋や飲食店が充実しています。

20180331036

魚沼産コシヒカリを使った豚丼と親子丼で昼食。

20180331038 20180331039

 

1時間後の長岡行きに乗車します。

越後湯沢始発で、水上方面と接続していない列車なので、乗客はまばら。

20180331041

食後のおやつはコシヒカリモナカ。

20180331042 20180331043

まだまだ雪景色は続きます。

20180331048 20180331049

途中浦佐を通りましたが、浦佐に来た時点で、上越線は完乗となりました。

 

越後川口で下車。下車したのは私達だけでした。

20180331061

越後川口からは初めての飯山線。

十日町行きに乗車。

ディーゼル1両編成。乗客は10名程度。

20180331060

車両はラッピングしてあり、かわいらしいです。

20180331063 20180331065

終点十日町。

20180331066

 

駅近くのスーパーで買い出しを済ませ、この日のメイン列車に乗車。

観光列車「おいこっと」です。

誰もいない隙に、列車を撮りまくります。

1号車と2号車で塗装が違いますね。

20180331074 20180331077

20180331078 20180331075

車内は4人掛けボックスシート、2人掛けボックスシート、ロングシートと、バラエティに富んでいます。

20180331068 20180331069

20180331070 20180331071

20180331072 20180331073

車内改札時に、JR区間ではない豊野→長野間を別途支払い。

20180331083 20180331084

アテンダントさんからいただいた物です。

20180331085 20180331086

野沢菜のサービスもあります。

20180331088

アルコールも販売していましたが、飲んだら寝てしまうので。信玄餅アイスなる物を買ってみました。アイスの中に信玄餅が入っており、不思議な食感でした。

20180331089 20180331091

ブラインドも凝ってます。

20180331093

列車は千曲川沿いをのんびり走ります。

20180331094 20180331097

途中の森宮野原駅。

20180331099

記念撮影サービスもありました。

20180331108_2

アテンダントさんによると、この日の「おいこっと」は、普段の土日に比べると、はるかに乗客が少ないとのこと。確かに乗客は10数名でした。

通常はこの列車の他に、「越乃Shukura」という観光列車が十日町で接続していて、セットで乗車を楽しむ人が多いとのことでしたが、この日は越後湯沢行きになっていたので、この影響かなとおっしゃってました。

長野県内に入ると、雪も少なくなってきました。

20180331112 20180331113

「おいこっと」か走る区間はほぼ千曲川に沿っていますが、飯山近くになると、田園風景も見られるようになりました。

20180331116 20180331117

飯山で20分停車。外に出てみました。

20180331119 20180331125

新幹線停車駅となって駅舎も立派です。

20180331122 20180331124

飯山を出発し、長野に向けてラストスパート。

20180331129 20180331135

定刻に長野に到着し、2時間半の「おいこっと」旅は終わりました。

20180331136

 

長野からもう少し先に進みます。

18:17発甲府行き。

20180331138 20180331137

車内からは満月が綺麗に見えました。

20180331142

 

松本で下車し、この日は終了。

20180331148

駅前のホテルにチェックイン。

20180331149 20180331151

地元料理の店に行きましたが満席で断念。

仕方なく居酒屋チェーン店で夕食としました。

20180331152 20180331154

 

★ この日の乗車記録

千里丘 5:09(101B)5:18 新大阪

新大阪 6:00(のぞみ200号)8:23 東京

東京 8:29(快速アーバン)10:15 高崎

高崎 10:25(731M)11:29 水上

水上 11:40(8735M)12:14 越後湯沢

越後湯沢 13:13(1737M)14:08 越後川口

越後川口 14:15(188D) 14:41 十日町

十日町 15:30(快速おいこっと)18:07 長野

長野 18:17(448M)19:34 松本

| | コメント (0)

2018年3月25日 (日)

花見

大阪は3月20日にソメイヨシノの開花発表があり、まだ3~5分咲きといったところですが、自宅から歩いて行ける新幹線公園に花見に行ってきました。

20180325003

入口付近です。このあたりが一番咲いていました。

20180325004 20180325006

木々を眺めながら、奥に進んでいきます。

20180325008

望遠で撮影したためたくさん咲いているように見えますが、そこまで開花していません。

20180325011 20180325012

メインの0系新幹線。天気も良いので賑わっています。

20180325014

第2第4日曜日は内部公開日なので、ついでに中に入ってきました。

鉄道ファンらしき人多数。

20180325019 20180325021

座席から眺めるとこんな感じです。

20180325018

新幹線公園の隣はJR貨物の大阪貨物ターミナル駅ですが、JR貨物色(?)のDE10が作業してました。

20180325026

一週間後の日曜日がたくさん咲いているでしょうが、用事があるので本日行きましたが、今年も良い感じで咲いてくれそうです。

| | コメント (2)

2018年3月21日 (水)

久々の関東遠征(2日目)

朝は5時30分に目覚めました。

20180305001

この日は青春18きっぷで大阪に戻るだけです。

身支度してホテルをチェックアウト。

水戸駅には6時30分に到着。

20180305002

ここから青春18きっぷを使います。

20180305007

水戸から熱海まで(上野乗り継ぎ)はグリーン車で移動。

20180305008 20180305004

20180305006 20180305010

常磐線内は、通勤ラッシュ時でもグリーン車は混雑してなくて快適でした。

北千住あたりでスカイツリーが見えました。

20180305012

上野で熱海行きに乗り換え。

20180305013

上野から品川までは、グリーン車も通勤ラッシュで混んでましたが、東京を離れるにつれて混雑もなくなり、熱海到着前には18きっぷで旅行中のような方々だけでした。

熱海で一旦外に出ます。何か近代的な建物が熱海のイメージとあってないというか・・・。

20180305018

駅前の足湯。

20180305017

熱海からは静岡行きに乗車。5両編成だったので、そこまで混雑しませんでした。

20180305022

静岡に到着し昼食休憩。

駅ビルの飲食店街で、しらすや桜えびが乗ったそばそば定食をいただきました。

20180305024 20180305023

昼食後、浜松行きに乗車。

20180305025

浜松行きに乗車してしばらくすると、何か違和感が。

水戸で買ったお土産を、その前に乗った、静岡行きの網棚の上に忘れてきてしまった・・・(ToT)。

金銭的にも大した額は使っておらず、忘れ物の問い合わせしたりしても時間のロスになるので、お土産は諦め、大阪方面に進みました。

浜松で改めてお土産を購入し、

20180305032

豊橋までは、岐阜行きに乗車。

20180305027

豊橋からは大垣行きに乗り換え。

休日だったら米原まで乗り換えなしだったのにな~。

20180305029 20180305030

大垣で乗り換え、米原からは新快速播州赤穂行きに乗車。

20180305031

ここまで来ると、大阪まであと少しなんですが、この日はトラブル発生。

強風の影響で途中から遅れ気味となり、さらに京都到着直前で、前を走る新快速が異音による車両点検のため運転見合わせとなり、京都目前で30分以上停車。

京都に到着した時は60分近くの遅れとなってました。

高槻で各停に乗り換えJR最寄り駅へ。

水戸から13時間かかって無事到着しました。

 

青春18きっぷは残りあと4回分。

次はどこへ行きましょうかね?

 

※ この日の行程

水戸 6:49(346M)8:52 上野

上野 9:01(快速アクティー3523M)10:47 熱海

熱海 11:16(1433M)12:29 静岡

静岡 13:04(771M)14:15 浜松

浜松 14:45(145F)15:22 豊橋

豊橋 15:33(快速2537F)17:01 大垣

大垣 17:09(245F)17:44 米原

米原 17:47(新快速3515M)18:57 高槻

 ・高槻には約60分遅れの20時前に到着

高槻から千里丘は略。

| | コメント (0)

2018年3月20日 (火)

久々の関東遠征(1日目)

今春、1年ぶりに青春18きっぷを購入し、早速一泊二日でお出かけしてきました。

ある日の朝早く、いつものように自宅最寄り駅からモノレールに乗車。

20180304001

伊丹空港に到着。

20180304002

この日は、青春18きっぷは使用しません。

伊丹空港から飛行機に乗り、

20180304007 20180304009

途中、富士山がよく見えました。

20180304013 20180304014

20180304017 20180304018

定刻より若干遅れて羽田へ到着。

20180304027

この切符を購入し、

20180304028_4

モノレールと山手線に乗車し、

20180304029 20180304033

10数年ぶりの東京駅!

東京駅からはバスに乗り、

20180304037

バスは5割程度の乗車率で、2席使いで悠々。

20180304038

隅田川、荒川、利根川と渡り

20180304040 20180304042

20180304043

2時間程乗車し、目的地近くのバス停で下車。

20180304044

ここから歩いて15分で、目的地「偕楽園」に到着。

今回は偕楽園の梅見が目的でした。

20180304047 20180304056

この日は5割位の開花状況でしたが、色んな種類の梅が咲き誇っており、十分見応えがありました。

20180304053 20180304054

20180304098 20180304097

20180304106 20180304108

20180304113 20180304125

20180304115 20180304130

偕楽園内の好文亭に入ってみました(200円)。

部屋毎に襖のデザインが違い、目を楽しませてくれました。

20180304067 20180304072

20180304075 20180304076

20180304077 20180304078

20180304079 20180304080

20180304081 20180304083

20180304089 20180304096

黄門様ご一行発見!

20180304093

この日は梅まつり中でもあり、大変な混雑でした。

臨時の偕楽園駅も乗客が一杯!

20180304102

2時間ほど梅見して偕楽園を後にします。

近所でイベントをやっていたので、そこで、おやつ代わりにあんこうの唐揚げを食べました。

20180304128 20180304127

ハッスル黄門。

20180304129_2

ここから水戸駅方面へ歩きます。

偕楽園下に広がる千波湖。

水戸市民の憩いの場なんでしょうか。

20180304135 20180304134

湖沿いを歩きます。3月下旬は桜が美しそうです。

20180304137 20180304138

水戸駅に到着。水戸駅は出張で一度来たことがあります。

20180304141

駅構内で、今度はうめねばちゃん発見。

20180304142

伸びてくれました。

20180304143

朝早起きし、さらに歩き疲れたので、早めにホテルにチェックイン。

20180304145 

この部屋、なんとこの日は1泊素泊まり2,090円(税込)!

部屋自体清潔で全く問題ないのに、この値段は安すぎます!

20180304146

その後再度水戸駅に出向き、食料を調達してホテルの部屋で簡単に済ませました。

食後風呂に入り、22時には寝ました。

| | コメント (0)

2018年2月 6日 (火)

赤穂かきまつりと姫路城

先日の日曜日、赤穂と姫路に行ってきました。

 

朝6時40分に自宅を出発。

中国道・山陽道経由で赤穂へ行きます。

2時間弱で、赤穂かきまつり会場である海浜公園に到着。

開園前ですが列ができてました。

20170204002

公園内を会場まで数百メートル歩きます。

20170204003

なかなか良い感じの公園です。

しかし海が近くで風が強い!

気温も1、2℃だったと思います。

20170204005 20170204004

会場内には色んなお店が出店していました。

20170204012 20170204014

まずは無料配布の焼き牡蠣をいただきます。

すごい列です。

20170204009

すごい列でしたが、10分ちょっとで焼き牡蠣にありつけました。

粒が大きくて美味いです。

20170204010

その他、色々な牡蠣料理を堪能しました。

☆ かきベーコン巻きとかきシチュー

20170204013

☆ たこ唐揚げとかき唐揚げ

20170204016

☆ かき汁

20170204017

☆ 蒸しがき

20170204018

上から見ると、なかなかの混雑ということが分かりますね。

20170204019

 

牡蠣でお腹を満たしたら、姫路まで移動します。

1時間程で姫路城に到着。

いつも姫路駅からしか見たことがなかったですが、間近で見るのは初めてです。

20170204020

入場料1,000円を払います。

20170204068

中に入ると、観光客は国際色豊かですね。

さすが世界遺産だけあります。

 

色んな角度から姫路城を撮影します。

桜の時期は、白とピンクのコントラストが美しいでしょうね。

20170204026 20170204034

20170204037 20170204052

20170204057 20170204065

天守閣の6階から鯱を撮影。

20170204059

姫路駅もよく見えます。

20170204060

見学には2時間かかりました。

じっくり見学すると3時間は必要かもしれませんね。

 

帰りは山陽姫路東ICから山陽道・中国道経由で。

宝塚の渋滞もなくスムーズに帰ることができました。

| | コメント (1)

2018年1月22日 (月)

部分開通の新名神を走ってみた。

これも昨年の話ですが、12月10日に開通した新名神、高槻-川西間を運転してきました。

 

茨木のベーカリーファクトリーでお昼を食べた後、

20171223001

新しくできた(と思われる)連絡道路を通り、

20171223002 20171223006

20171223009 20171223010

高槻ICから新名神に突入。

20171223016

部分開通なので、車はほとんど走ってません。

20171223018

高槻ICから、メインの新名神に入るまでの道は、カーブがきつかったです。

20171223027

新名神は、高槻から東の方向に伸びる部分は、まだまだ工事中。

20171223020 20171223021

20171223028

ナビはこんな感じ。

20171223012

今回の開通区間はトンネルが多いです。

景色は楽しめませんね。

20171223036 20171223039

 

途中の茨木千提寺PAで休憩。

20171223044 20171223054

トイレも綺麗。小便器の上で手が洗えるようになっています。

20171223045

何故か洗髪コーナーがありました。

20171223047_2

情報板を見ていると、一人の男性から声をかけられました。

「名古屋方面に行きたいんだけど・・・」と。

どうやらその人は、草津JCTと高槻JCTを間違ったようです。

名古屋へは、一旦下りて乗り直すしかないですので、そのように伝えました。

今年3月に神戸JCTまで開通したら、時間はかかりますが、乗り直すことなく行けたんですけどね。

 

茨木千提寺PAからは、箕面とどろみICを通って、川西ICへ。

20171223064 20171223071

こちらは3月開通予定の道路。

20171223070 20171223072

部分開通区間は車はほどんど走ってなかったので、とても快適でした。 

川西ICからは、池田方面へ走り、中央環状線経由で自宅に戻りました。

 

今年の3月には川西ICから神戸JCTまで開通し、高槻JCT-神戸JCT間は中国道を通らずに進むことができるようになるので、渋滞のメッカ、宝塚付近の渋滞緩和が期待されます。

自宅から高速道路を使って西の方向に行く場合は、必ず宝塚を通るので、川西ICから神戸JCTまでの開通が待ち遠しいです。

| | コメント (0)

2018年1月20日 (土)

2017年初冬の北海道旅(4日目)

4日目、最終日です。

今日は中標津空港から新千歳乗り継ぎで大阪まで帰ります。

 

朝起きると雪が積もってました。

昨日までの積雪なしが嘘のようです。

夜中からずっと降り続いていたのかな。

20171205003
 20171205009

朝食前に雪見露天を楽しみます。

雪が降っているおかげで、湯温が私好みの温度でちょうどよかったです。

20171205001 20171205002

 

7時30分頃に朝食をいただきます。

20171205005

湯宿だいいちは朝食バイキングの品数が多く、2日間で全種類制覇はなりませんでした。

20171205008

 

雪が降ってて、中標津空港までの移動の間、寄り道することもないので、チェックアウト(11時)ぎりぎりまで、のんびりしてました。

宿を出発するまでの間に、飛行機の運行情報を収集していました。中標津発新千歳行きの一便目は雪のため欠航とのこと。

 

11時に宿を出発。道路も完全な冬模様。

今シーズン初めての雪道運転、緊張します。

20171205011

 

中標津空港そばのレンタカー店にレンタカーを返却し、中標津空港へ。

20171205013

滑走路自体は除雪されていて離着陸できそうなんですが、

20171205014

搭乗予定の新千歳行きと、頼みの綱、羽田行きがともに欠航・・・。

翌日は朝から仕事なんですが・・・。

20171205015

 

中標津空港で、どうやって大阪まで帰るか検討しました。

中標津空港からの残りの便は夕方の新千歳行きのみです。

しかし、中標津付近は15時頃までは雪が降り続くと予想されていました。

となると、中標津発新千歳行きの最終便も、欠航になる可能性が十分考えられます。

そのほかの方法としては、女満別か釧路に移動してそこから飛行機に乗る方法です。

女満別も釧路も朝便は欠航していましたが、昼便からは飛んでいました。

予想外のお金がかかりますが、女満別か釧路に移動した方が大阪に帰れる可能性が高いと判断し、考えた結果、釧路空港まで自力で移動することにしました。

 

中標津空港のANAカウンターで、釧路から飛行機に乗れるよう変更してもらい(もし釧路からの新千歳行きが欠航になった場合、羽田経由で大阪に戻る確約ももらっていました)、返却したばかりのレンタカー店で再度車を借り、釧路空港に向け出発。

雪の中の運転、怖いです。

20171205017

釧路方面へ進んでいくと、青空が見えてきました。

20171205028

時々除雪車の後ろをついていき、

20171205030

雪も大分融け、

20171205033

釧路中心部は通らずに、釧路外環状道路で一気に釧路空港へ。

20171205045

釧路空港に着いた時には既に暗くなってました。

20171205047

 

釧路から新千歳行きに無事搭乗。

20171205050

機内はがらがらでした。

20171205054 20171205057

 

新千歳に着いてから、次便への乗り継ぎの合間に夕食。

20171205064

梅光軒のラーメンを食べました。

20171205062 20171205061

デザートはきのとやのソフトクリーム。

いつもはロイズのソフトクリームを食べますが、ここのソフトクリームも滑らかで美味でした。

20171205065

新しくなったANAのカウンター。遅い時間なのでがらがらですね。

20171205066

 

最後はANA1720便関空行き。

何もなければこの時間は伊丹に到着いていて、帰りのモノレールに乗っているはずだったのですが、天候には勝てないです。

20171205068

この日は天候に振り回され、メリークリスマスという気分ではないです。

20171205069

暗くて分からなかったのですが、搭乗した飛行機は特別塗装機だったようです。

20171205072

ドリンクをいただき、

20171205073

関空行きは岡山、高松、徳島上空経由で着陸するので、伊丹行きより20分余計に時間がかかります。

20171205075

最後は神戸空港上空まで行き、北側から着陸。

関空に着陸したのは22時40分過ぎでした。

預け荷物を受け取り、関西空港駅にダッシュし、23時6分発の空港急行なんば行きに乗車。

20171205076

天下茶屋から堺筋線、阪急で正雀まで移動し、最後はタクシーで自宅まで。

自宅到着は日付が変わって0時30分頃でした。

 

今回の北海道旅も最終日の天候に翻弄されました。

ここ3回の北海道旅の最終日は、

・平成28年12月

新千歳雪のため、帰りの伊丹行きの離陸が1時間遅れ。

・平成29年6月

釧路空港濃霧のため搭乗予定の新千歳行きが欠航。

羽田は飛んでいたので、羽田経由に変更し、伊丹へ戻る。

・平成29年12月(今回)

中標津雪のため搭乗予定の新千歳行きが欠航。

釧路までレンタカーで移動し、釧路→新千歳→関空のルートで帰宅。

自宅到着は日付が変わった0時30分。

 

次回こそはトラブルなく、気持ちよく帰りたいものです。

| | コメント (2)

2018年1月17日 (水)

2017年初冬の北海道旅(3日目)

旅行3日目の朝、がっつり朝食をいただきます。

20171204005

ふたを取ってもこぼれない濃厚な養老牛放牧牛乳。

飲み口に生クリームの層ができているのでこぼれないのです。

飲む時は、軽く振ってから飲みます。

20171204007

 

食後はロビーで動物観察。

テンも顔を出してくれました。

20171204004 20171204010

20171204022 20171204015

 

お腹が落ち着いて、宿泊者専用の貸切風呂へ。

20171204033

20171204034 20171204041

 

湯上り後もロビーで野鳥や動物観察。

20171204054 20171204062

20171204095

エゾリスやテンがとてもかわいい(^^)。

すっと見てても飽きません。

20171204102 20171204108

20171204175 20171204180

20171204181 20171204119

20171204121 20171204133

20171204139 20171204155

20171204157 20171204164

 

そんなことしていたら、あっという間に昼食の時間。

宿に直接予約の場合、連泊した場合は昼食がサービスされます。

昼食は天ざるそばをいただきました。

20171204188

 

天気がいいので、午後はちょっとお出かけ。

下の画像は湯宿だいいちの入口。

20171204193

雪もなく快適ドライブ。

20171204196

 

中標津で天気が良ければ開陽台は外せません。

観光客のいない開陽台で景色を堪能します。

20171204204 20171204207

20171204209 20171204210

国後島も見えました。

20171204206

お約束の北十九号。

20171204232 20171204235

 

中標津中心部で、宿で食べるおやつを調達。

セイコーマートのアイスも食べました。

20171204238

 

宿に戻り、2日目のウエルカムドリンク。

20171204243 20171204242

 

この日の午後一番の入浴は、新館の宿泊者専用風呂。

日帰り入浴客がいないので、貸切状態。

20171204249 20171204251

 

夕食前、部屋でのんびりしていると電話が鳴り出てみると、ロビーにシマフクロウが来たとのこと。

カメラを持ってロビーまでダッシュ。

間に合いました。

20171204262 20171204266

 

18時から夕食。

2泊目の夕食メニューはこちら。

20171204272

・前菜

20171204275

・小鉢

20171204273

・刺身

20171204274

・鍋物

20171204282 20171204276

20171204285

・揚物

20171204283

・煮物

20171204287

・焼物

20171204288

・食事(左は私、右は妻の分)

20171204289 20171204290

・吸物

20171204291

・香の物

20171204277

・デザート

20171204292

 

食後も温泉を楽しみます。

湯上り後はロビーでシマフクロウを待ってみますが簡単にはやって来ないです。

シマフクロウを諦めて、就寝するまで部屋でのんびりしてました。

 

就寝するまでは雪は全くなかったですが、明日は雪予報。

帰りは大丈夫かな。

| | コメント (0)

2018年1月14日 (日)

2017年初冬北海道の旅(2日目)

2日目の朝、今日も良い天気です。

20171203005

7時30分に朝食をいただきます。

手作りパンが美味い!

20171203001

「樺のん」さんでの滞在はあっという間でした。

9時前に出発。

また来ます!

20171203006 20171203008

 

朝の琵琶瀬展望台、とても美しい景色です。

20171203011

霧多布大橋もくっきり。

20171203014

 

この日はまず、役場近くのルパン三世通りへ行ってみます。

20171203016_2 20171203021

20171203018_22017120301920171203020

下3つの画像はすべて仮想店舗です。

20171203024 20171203025

20171203026

 

ルパン巡りは続きます。

☆ 浜中駅

20171203027 20171203028

20171203030 20171203031

☆ 姉別駅

20171203033 20171203034

20171203035 20171203036

 

ここで浜中町とお別れです。

浜中町も酪農地帯に入ると景色が良く、快適ドライブでした。

20171203032

 

別海町経由で弟子屈方面へ向かいます。

別海町からの国道243ですが、意外にも別海~虹別間を車で走るのは初めてです。

途中の西春別の鉄道記念公園で、標津線の貴重な資料を見学。

20171203040 20171203042

20171203043 20171203045

SLは冬囲いしてました。

20171203041

西春別ではキタキツネが住宅街の道路を横切ってビックリ。

20171203039

 

西春別から多和平へ。

さすがに観光客はいないだろうと思ってましたが、一組いました。

雲が出てきたのは残念でした。

20171203052 20171203053

20171203054 20171203055

20171203056 20171203057

この日は牛ではなく羊がいました。

20171203064

駐車場まで下りてきて、簡単な昼食。

北海道らしいおにぎり。

20171203051

 

宿に入るにはまだ早いので、摩周湖まで足を延ばしました。

第三展望台方面の道路は冬季閉鎖。

20171203065

この時期は駐車料金の徴収がないのがいいですね。

有名どころだけあって、レンタカーや観光バスが止まっていました。

20171203067 20171203069

斜里岳の頂上付近は雲の中。

20171203070

 

宿に入るちょうどいい時間になってきたので、摩周湖から宿まで直行します。

この日は念願の「湯宿だいいち」さんに宿泊。

思い切って2泊予約してました。

6月は日帰り入浴しましたが、宿泊はおそらく9年から10年ぶりです。

観光シーズン中の宿泊は料金が高いので、料金が安くなるシーズンオフの平日(それでもそこそこしますが)を狙って予約しました。

 

まずはウエルカムドリンクとお菓子。

20171203079

 

今回は新館に宿泊。

ロビーから一番遠い部屋でしたが、宿泊客が少なくとても静かです。

20171203095 20171203093

部屋の中はこんな感じ。

とても広く、窓も大きく、素晴らしい部屋です。

20171203080 20171203081

20171203082 20171203083

新館には宿泊者限定の休憩スペースもあります。

20171203096 20171203097

20171203098 20171203099

 

ひとっ風呂浴びて、夕食をいただきに食事処へ。

一組ごとに壁で仕切られているので、周りの人は気になりません。

20171203108

メニューはこちら。

高級魚メンメがある~!

20171203109

食前酒で乾杯!

20171203110

ビールはもちろんサッポロクラシック。

富良野ヴィンテージの瓶ビールでした。ラッキーです。

20171203119

・前菜

20171203111

・煮物

20171203112

・小鉢

20171203113

・漬物

20171203115

・お造り

20171203118

・洋皿

20171203120

・揚物

20171203122

・焼物(左は私、右は妻の分)

20171203123 20171203124

・食事(左は私、右は妻の分)

20171203125 20171203126

・鍋物

20171203121

・デザート(左は私、右は妻の分)

20171203134 20171203135

 

湯宿だいいちにはいろんな動物がやってくるのですが、名物は絶滅危惧種のシマフクロウ。

そのシマフクロウ、ちょうど夕食中にやって来ました。

シマフクロウがやってくると従業員の方が教えてくれるので、それを聞いた宿泊客は、食事中にもかかわらず一斉にロビーへと移動します。

そのシマフクロウがこちら。

初めて出会えましたscissors

20171203129 20171203133

 

食事を終えた後は、二度目の温泉を楽しみ、

20171203138

早めに就寝しました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧