« 2017年初冬の北海道旅(3日目) | トップページ | 部分開通の新名神を走ってみた。 »

2018年1月20日 (土)

2017年初冬の北海道旅(4日目)

4日目、最終日です。

今日は中標津空港から新千歳乗り継ぎで大阪まで帰ります。

 

朝起きると雪が積もってました。

昨日までの積雪なしが嘘のようです。

夜中からずっと降り続いていたのかな。

20171205003
 20171205009

朝食前に雪見露天を楽しみます。

雪が降っているおかげで、湯温が私好みの温度でちょうどよかったです。

20171205001 20171205002

 

7時30分頃に朝食をいただきます。

20171205005

湯宿だいいちは朝食バイキングの品数が多く、2日間で全種類制覇はなりませんでした。

20171205008

 

雪が降ってて、中標津空港までの移動の間、寄り道することもないので、チェックアウト(11時)ぎりぎりまで、のんびりしてました。

宿を出発するまでの間に、飛行機の運行情報を収集していました。中標津発新千歳行きの一便目は雪のため欠航とのこと。

 

11時に宿を出発。道路も完全な冬模様。

今シーズン初めての雪道運転、緊張します。

20171205011

 

中標津空港そばのレンタカー店にレンタカーを返却し、中標津空港へ。

20171205013

滑走路自体は除雪されていて離着陸できそうなんですが、

20171205014

搭乗予定の新千歳行きと、頼みの綱、羽田行きがともに欠航・・・。

翌日は朝から仕事なんですが・・・。

20171205015

 

中標津空港で、どうやって大阪まで帰るか検討しました。

中標津空港からの残りの便は夕方の新千歳行きのみです。

しかし、中標津付近は15時頃までは雪が降り続くと予想されていました。

となると、中標津発新千歳行きの最終便も、欠航になる可能性が十分考えられます。

そのほかの方法としては、女満別か釧路に移動してそこから飛行機に乗る方法です。

女満別も釧路も朝便は欠航していましたが、昼便からは飛んでいました。

予想外のお金がかかりますが、女満別か釧路に移動した方が大阪に帰れる可能性が高いと判断し、考えた結果、釧路空港まで自力で移動することにしました。

 

中標津空港のANAカウンターで、釧路から飛行機に乗れるよう変更してもらい(もし釧路からの新千歳行きが欠航になった場合、羽田経由で大阪に戻る確約ももらっていました)、返却したばかりのレンタカー店で再度車を借り、釧路空港に向け出発。

雪の中の運転、怖いです。

20171205017

釧路方面へ進んでいくと、青空が見えてきました。

20171205028

時々除雪車の後ろをついていき、

20171205030

雪も大分融け、

20171205033

釧路中心部は通らずに、釧路外環状道路で一気に釧路空港へ。

20171205045

釧路空港に着いた時には既に暗くなってました。

20171205047

 

釧路から新千歳行きに無事搭乗。

20171205050

機内はがらがらでした。

20171205054 20171205057

 

新千歳に着いてから、次便への乗り継ぎの合間に夕食。

20171205064

梅光軒のラーメンを食べました。

20171205062 20171205061

デザートはきのとやのソフトクリーム。

いつもはロイズのソフトクリームを食べますが、ここのソフトクリームも滑らかで美味でした。

20171205065

新しくなったANAのカウンター。遅い時間なのでがらがらですね。

20171205066

 

最後はANA1720便関空行き。

何もなければこの時間は伊丹に到着いていて、帰りのモノレールに乗っているはずだったのですが、天候には勝てないです。

20171205068

この日は天候に振り回され、メリークリスマスという気分ではないです。

20171205069

暗くて分からなかったのですが、搭乗した飛行機は特別塗装機だったようです。

20171205072

ドリンクをいただき、

20171205073

関空行きは岡山、高松、徳島上空経由で着陸するので、伊丹行きより20分余計に時間がかかります。

20171205075

最後は神戸空港上空まで行き、北側から着陸。

関空に着陸したのは22時40分過ぎでした。

預け荷物を受け取り、関西空港駅にダッシュし、23時6分発の空港急行なんば行きに乗車。

20171205076

天下茶屋から堺筋線、阪急で正雀まで移動し、最後はタクシーで自宅まで。

自宅到着は日付が変わって0時30分頃でした。

 

今回の北海道旅も最終日の天候に翻弄されました。

ここ3回の北海道旅の最終日は、

・平成28年12月

新千歳雪のため、帰りの伊丹行きの離陸が1時間遅れ。

・平成29年6月

釧路空港濃霧のため搭乗予定の新千歳行きが欠航。

羽田は飛んでいたので、羽田経由に変更し、伊丹へ戻る。

・平成29年12月(今回)

中標津雪のため搭乗予定の新千歳行きが欠航。

釧路までレンタカーで移動し、釧路→新千歳→関空のルートで帰宅。

自宅到着は日付が変わった0時30分。

 

次回こそはトラブルなく、気持ちよく帰りたいものです。

|

« 2017年初冬の北海道旅(3日目) | トップページ | 部分開通の新名神を走ってみた。 »

北海道」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

みずさん、こんばんは。旅行記拝見しましたよ~。
日照時間の短い道東だったのですね。
湯宿だいいちさんに2連泊とは、贅沢な時間を過ごされましたね~。良いですなあ。
野生のフクロウは私もぜひ見てみたいものです。

最終日は、急な降雪で、ちょっと災難でしたね。
レンタカーを再度借りて、雪道爆走とはなかなか思いきった行動でしたね。
宮仕えはしょうがないですよね~。私も費用が余分にかかっても、予定を狂わせないことを優先してしまいます。

私自身も最近、冬場の北海道フライトはビミョーに、欠航、遅延、条件付きにかち合うことが多くなったと思っています・・・。

投稿: 夢大地 | 2018年1月21日 (日) 21時39分

☆ 夢大地さん

こんにちは~。
読んでくださってありがとうございます。

湯宿だいいちは妻の慰労を兼ねて、シーズンオフの平日を狙って泊まりに行きました。シーズン中の週末なんか、眺めの良い部屋は1泊2万円位しますから、高くて泊まれませんね。
シマフクロウは夜間に出てくることが多いので、毎日やってくるとは限りませんが、宿泊した方が見られる確率は上がるしょうね。

最終日は最近は災難続きです。
レンタカーの空きがあったので良かったですが、もし空きがなかったら、中標津ターミナルから釧路へバス移動しようと思ってました。
○イムズの会員だったので、ネット予約で若干安く借りられました。

夢大地さんも条件付きとかが多くなってるんですね。最終日だけ天気が穏やかならば心配ないんですけどね。

投稿: みず@管理人 | 2018年1月22日 (月) 12時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2017年初冬の北海道旅(3日目) | トップページ | 部分開通の新名神を走ってみた。 »