« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

紀伊半島縦断旅(2日目の2:串本→自宅)

那智山を下り、大門坂駐車場で昼食。

昼食は、新宮駅前の寿司店で買った、熊野名物のめはり寿司とさんま寿司。

これを買うために新宮駅に寄ったのでした。

20161106053

 

食べ終わって妻に運転を代わってもらって、私は助手席で休憩。

R42を進み、串本町の橋杭岩へ。

橋杭岩の前の敷地、道の駅になってたんですね。

20161106067 20161106055

   

観光客多数で、駐車場は満車に近かったです。

車を降り、橋杭岩を撮影。

20161106056 20161106059

海の水が透き通ってて綺麗です。

20161106070

売店で職場への土産とポンカンソフトを購入。

ミカンの酸味を感じる、さっぱりしたソフトクリームでした。

20161106069

 

道の駅を出発し、潮岬方面へ。

潮岬に行く前に、せっかくなので大島にも行ってみます。

大島には一度行ったことがありますが、その時は25年前の学生時代で、くしもと大橋がなく、船で渡りました。

くしもと大橋を渡り、初めての、車での大島上陸!

20161106072

樫野埼灯台に直行します。

20161106073 20161106077

灯台上からの眺め。見えるのは太平洋。

20161106074 20161106075

 

樫野埼灯台から海金剛へ車移動。

遠くに樫野埼灯台が見えます。

眺めは海金剛の方がいいですね。

20161106078 20161106080

20161106081 20161106085

20161106086

 

今回の旅を締めくくる観光地は、本州最南端潮岬です。

日曜の午後だからか、観光客はまばらでした。

帰る頃に観光バスが2台やってきましたが。

20161106087 20161106092_2

20161106088

 

今回の観光はこれでおしまい。

ここからは大阪へ戻ります。

紀勢道がすさみ南まで開通しているので、かなり時間短縮できます。

紀勢道すさみ南ICに入る前に、道の駅で態勢を整えて、

20161106093

紀勢道に入ります。

帰りは湯浅御坊道路の渋滞を見込んではいましたが、NEXCOの渋滞予想5kmをはるかに超える20kmの渋滞(ToT)。片側1車線なので進み方が遅い・・・。

20161106095

予定より1時間余計に時間がかかり、腹が減ったので紀ノ川SAで夕食。

20161106096

紀ノ川SAからは順調に車を飛ばして1時間、無事自宅へ到着しました。

 

※ この日の走行距離:365.0km

| | コメント (0)

2016年11月27日 (日)

紀伊半島縦断旅(2日目の1:新宮・勝浦)

昨夜はよく眠れました。

外を眺めると、昨日に続き快晴です。

20161106002 20161106003

20161106006

 

朝食前に露天風呂に入り、すっきり目を覚まし朝食へ。

昨夜食べ過ぎて胃が疲れているせいか、いつもより控えめ。

20161106005

 

9時前にホテルを出発。

車を新宮方面へ進めます。

新宮市内に入り、ホテルから40分で熊野速玉大社に到着。

駐車場は満車ではなかったですが、8~9割の埋まり具合。

20161106011 20161106015

拝殿でしっかりとお参り。

20161106013 20161106012_3

 

次の勝浦方面へ向かう前に、あるものを購入するため新宮駅に寄り道。

新宮駅の裏手を走っていると、JR東海のキヤ95系を発見。

思わずパチリ。

20161106016

新宮駅は25年ぶりくらいの訪問。

20161106017

駅前で無事買いたいものが買えました。

 

新宮駅から勝浦方面に向かって走ります。

那智勝浦新宮道路経由で那智の滝方面へ。

土産物屋の駐車場に車を停め(500円)、まずは熊野那智大社へ歩きます。

 

登山道のような道を上り、

20161106018 20161106019

熊野那智大社の鳥居へ出ます。

20161106027

そこの階段を上ったら、熊野那智大社です。

観光客、多いですね。

ここでもしっかりお参りしました。

20161106028

ここからの見晴らしもいいですよ。

20161106030

ここにはジャンボみくじがあるので、夫婦で引いてみます。

20161106036 20161106033

ちなみに私は中吉でした。

20161106038

 

熊野那智大社の隣には青岸渡寺があり、那智の滝に向かう時にそこを通過するのですが、ちょうど餅まきが行われるということで、餅まきに参加してきました。とりあえず8個ゲットし、現在は自宅の冷凍庫に眠っています。

20161106039 20161106042

青岸渡寺からは那智の滝が見えます。

青岸渡寺の三重塔と那智の滝をパチリ。

20161106041 20161106044_2

 

道を下り、那智の滝のそばまで近づきます。

お金を払うと(300円)御滝拝所まで近づけますが、近づかなくても十分に迫力を感じます。

20161106047 20161106048

 

駐車場に戻り、時間は12時30分。

これから串本方面へ進みます。

| | コメント (0)

2016年11月23日 (水)

紀伊半島縦断旅(1日目の2:本宮温泉郷)

ようやく十津川村を抜け、和歌山県田辺市に入ります。

こんな山の中が田辺市とは、未だに違和感ありです。

昴の郷から20数分で熊野本宮大社前に到着しますが、先に行きたいところがあるのでスルー。

熊野本宮大社をスルーして向かったのは湯の峰温泉。

20161105079 20161105058

なぜ湯の峰温泉かというと、世界遺産のお風呂「つぼ湯」に入りたかったからです。

土休日は待ち時間が長いらしいので、覚悟して受付に行ってみると、まさかの一組待ち。

一組待ちなら当然待ちます。

一人770円支払い、待合所で前のお客さんの入浴終了を待ち、

20161105062 20161105060

待望のつぼ湯入浴!

下の建物の中に、

20161105061

お湯があります。

20161105063

常に下から温泉が湧き出ているので、すぐ熱くなります。

水を入れて適温にして、ドボン。

超気持ちいい~。極楽極楽。

20161105065

実に17年ぶりのつぼ湯入浴でした。

つぼ湯に入浴したら、入浴証明書がもらえました。

20161105059

 

つぼ湯からは、先程通過した熊野本宮大社に向かいます。

車で10分くらいの距離です。

土産物屋の駐車場に車を停め、鳥居前に到着。

20161105080 20161105083

参道の階段を上り、

20161105084_2

拝殿へ。

20161105086

お参りする順序が書いてありましたが、別に順序通りでなくてもよいとのことなので、空いているところからお参りしました。

20161105087 20161105088

世界遺産だけあって、海外のお客さんが多かったです。アジア系よりも欧米系の外国人が目立ちました。

 

これで今日の観光は終了。宿へ向かいます。

宿は熊野本宮大社から車で10分の川湯温泉。冬の仙人風呂が有名ですね。

川湯温泉の中でも、川沿いに露天風呂がある「みどりや」に宿泊です。

部屋お任せの安いプランで申し込んでいたのですが、川沿いの和室10畳が割り当てられました。

20161105089

部屋の窓からは混浴露天風呂が丸見え。

混浴ですが、女性には入浴浴衣が用意されているので、女性も安心して入浴できます。

20161105090

こちらは男性浴室側の露天風呂。

20161105091

部屋で浴衣に着替え、本日の疲れを取るべく、温泉へGO!

20161105093

1時間かけてゆっくり入浴し、疲れを癒しました。

浴場前には熊野の水が用意されており、うれしい限りです。

20161105094

夕食はハーフバイキング形式です。

前菜、お造り、熊野牛のすき焼きが先に用意されており、後はご自由にとのこと。

野菜中心のバイキングもいいですね。

20161105096

何と鮎の塩焼きも食べ放題。2匹いただきました。

20161105097

食後少し休憩した後、再度混浴露天へ。

満天の星空を眺めながら、お湯を堪能したのでした。

 

※ この日の走行距離:170.3㎞

| | コメント (0)

2016年11月21日 (月)

紀伊半島縦断旅(1日目の1:自宅→十津川村)

数週間前の土日に1泊2日で、ドライブ&温泉旅に行ってきました。

 

土曜の朝、早起きできたので、自宅を7時15分に出発。

中央環状線を南下、途中、堺のコンビニで飲み物を買い、美原から南阪奈道で奈良県に入ります。

五條からはR168に入り、山道を快走。

自宅を出発して2時間半、道の駅吉野路大塔でトイレ休憩。

20161105001

 

R168はカーブが多いですが、一部を除き道幅も十分で、ドライブするには楽しい道です。

20161105002 20161105004

 

道の駅から30分弱で、十津川村の谷瀬の吊橋に到着。

この橋は、元々は生活道路ですが、貸し切りバスも訪れる観光地になってます。

20161105008 20161105010

橋には、一度に20人以上渡れませんという注意書き。

20161105012

実際渡ってみると、揺れる揺れる。

板張りの下は何もなし。板が割れたら真下に落ちると思うと恐怖心を覚えてきます。

20161105013_2 20161105017

橋上から見る景色は素晴らしいですよ~。

20161105015 20161105016

対岸に渡りきった後、対岸から見た吊橋。

20161105025

対岸に渡ったということは、来た道を引き返すということです。

帰りは人が少なかったので、揺れも大きくなく、楽々渡れました。

 

時間は11時を過ぎ、早めですが昼食をとることにします。

吊橋近くに看板が出ていたお店「風庵」に行きます。

吊橋から3分で到着。

飲食店の少ない地域にある貴重なお店です。

20161105031

昼食はざるそばの定食にしました。おいしくいただきました。

20161105033

 

次の目的地に向かう途中、村役場そばの道の駅十津川郷でトイレ休憩。駐車場はなかなかの混み具合です。

20161105035

   

次の目的は、ある乗り物に乗ることです。

十津川村には「野猿」という面白い乗り物があります。川の対岸に渡るための1人乗り手動ロープウェーといえばいいのでしょうか。

十津川村には野猿が2か所あるらしく、そのうちの一つに行ってみましたが・・・、工事につきまさかの使用中止。

20161105036

下左の画像にある乗り物に乗って、下右画像の川を渡りたかった・・・。

20161105037 20161105039

どうしても乗りたいので、もう一か所の野猿に行きます。

もう一つは「昴の郷」にあり、こちらは待ち人なしで乗ることができました\(^o^)/。

画像の籠に乗り、

20161105050

中間地点までは下りなので、何もせずに進みます。

20161105048

対岸まで行くと時間がかかるので、中間地点で引き返しました。

帰りは上りなので、必死でロープを引っ張ります。

結構腕力が要ります。

20161105041_2

ゴール直前の画像。

20161105042

最後は妻にも手伝ってもらいゴール。

妻も私と同じように野猿を体験。

童心に帰ってとても楽しめました。

 

昴の郷を出発し、R168に合流し車を走らせると、ようやく和歌山県に入ります。

| | コメント (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »