2020年8月16日 (日)

2年連続7月は東北方面へ(3日目)

3日目、起床時は雨は降ってませんでした。

レンタカー返却前まで天気はもつかな~。

7時過ぎにホテルを出発。

20200707001

まずは朝食。

青森では朝からラーメンを食べる人も多いとのことで、朝から開いている国道7沿いのラーメン店で朝食。

20200707002

朝食タイムではご飯とにぼろ(煮干しのそぼろ)が無料サービスでした。

20200707003

こく煮干しラーメンの中太麺を注文。

めっちゃ煮干しのだしが効いたラーメン、珍しくスープを飲み干しました。

20200707004

満腹になり、車で北上します。道路はガラガラ。

20200707006

平舘の道の駅で少し休憩し、まずは高野崎へ。

好天ならば下北半島や北海道が見えます。

20200707012 20200707009 

20200707014 20200707021

20200707016 20200707028

高野崎から今別を通り、三厩へ。

三厩駅に立ち寄ります。

20200707030

ホームに上がってみました。

20200707033 20200707031

三厩駅から龍飛崎へ。

前回(20年以上前)は三厩駅からバスに乗ってきました。

霧がすごく、遠くは見えないですね。

当然北海道方面も見えません。

20200707035 20200707037

20200707038 20200707041

津軽海峡冬景色の歌碑。

ここでは歌詞に「竜飛岬」が出てくる2番がメインですね。

20200707043

竜飛といえば階段国道!

暑い中1往復しました。

20200707046 20200707050

20200707054 20200707057

龍飛崎からは中泊方面へ。

国道には野生のサルが!

突然飛び出してきたりして危なかった~。

20200707059

竜飛から中泊方面へ向かう国道339は、下りのくねくね道が続きますが、景色はとても良いです。

20200707063 20200707064

国道沿いの七つ滝をパチリ。

20200707065 20200707067

休憩がてら十三湖を眺め、

20200707071

太宰治の斜陽館を車内から見て、

20200707076

無料の津軽道を通り、ガイドブックに記載されていた、田舎館村の田んぼアートを見るために田舎館村役場へ。

村役場にお城のような建物(展望台)がくっついてます。

 20200707078 20200707081

田んぼアートは役場の目の前の田んぼを役場内の展望台から見るのですが、コロナの影響で中止。最新の情報を調べないでここに行ってしまったので完全にこちらのミス・・・。

20200707080

ここが田んぼアートで使用される田んぼでした。

20200707082

もう一つの会場(道の駅いなかだての隣)にも行きましたが、当然中止。

開催中であればこの展望台から見学するのですが、

20200707083

当然何もありません。

20200707085 20200707087

近くには弘南鉄道の臨時駅(田んぼアート駅)もあり、開催中は賑わうんでしょうね。

20200707086

田んぼアートは、次回以降の宿題としましょう。

ここから青森空港へ戻ります。

田舎館村からは黒石経由で行けそうです。意外と近いです。

途中黒石のスーパーで、青森で製造されたものだけを調達。

20200707104

黒石のスーパーを出る頃に雨が本降りに。

青森空港に行くのに関所(有料道路のゲート)を通らないと行けないのが納得いきませんが、仕方なく料金を払い空港へ。無事レンタカーを返却しました。

昼は朝ラーの影響でお腹が空かなかったので食べず、空港フードコートで遅めの昼食&早めの夕食。

20200707090 

伊丹行きの離陸まで時間はたっぷりとあるので、カードラウンジでくつろぎます。

20200707091

空港は雨で視界が悪かったのですが、離陸1時間前に、

「視界不良のため、折り返しとなる飛行機が着陸できない場合は欠航となります。」

という放送が入り、以前釧路空港で欠航を食らったことを思い出し焦りますが、無事着陸してくれて安心。

折り返しの伊丹行きの飛行機です。

20200707092

機内に乗り込んで離陸前、雨は止みません。視界も悪いです。

20200707094

帰りの機内、隣のヤツ(若いサラリーマン)がマスクを全くしてなかったのは気になりましたが、黙ってずっと寝てたので助かりました。

帰りも紙パックのお茶をいただきます。

20200707096

飛行機は順調に進み、そろそろ着陸。

20200707101

定刻より早く伊丹空港に着陸し、今回の旅は終了しました。

20200707105

| | コメント (0)

2020年8月14日 (金)

2年連続7月は東北方面へ(2日目)

2日目は5時に目覚め、ぬるめの温泉を1時間堪能。

7時に朝食をいただきます。

20200706001

8時過ぎに宿を出発する時は、いい天気。

20200706002

晴れてますので、午前中は奥入瀬渓流を歩きます。

初めは焼山から歩こうと考えてましたが、宿の人から焼山から石ヶ戸まで歩くと2時間かかると来たのでパス。駐車場がある途中の石ヶ戸から歩きます。

国道103を進み、

20200706005

石ヶ戸に車を止めます。

20200706007

歩く準備をして、いざ出発。

20200706009 20200706011

昨日の雨の影響で足下は若干ぬかるんでいますが、直接日差しが当たらないので歩いていて心地良いです。

20200706013

○ 阿修羅の流れ付近

20200706017

こういう景色が続きます。

20200706046 20200706034

○ 千筋の滝

20200706054 20200706055

○ 雲井の滝

20200706056 20200706061

20200706065

○ 白布の滝

20200706069

○ 不老の滝

20200706088 20200706090

○ 九段の滝

20200706098 20200706100

九段の滝から10分後、銚子大滝が見えてきました。

20200706102

○ 銚子大滝

20200706103 20200706106

20200706112 20200706116

子ノ口近くの水門を通過して、

20200706122

3時間かけて子ノ口まで歩きました。目の前は十和田湖です。

20200706126

子ノ口のバスターミナルでバスを待ち、

20200706128

子ノ口から石ヶ戸までは、はやぶさ色のJRバスで戻ります。

20200706132 20200706131

石ヶ戸で車を拾い、再び十和田湖方面へ。

子ノ口を右折し、西進します。

どんどん標高を上げて、十和田市と平川市の境界付近にある御鼻部山展望台へ。

良い眺めです。

20200706135

戻りは子ノ口を通過せず国道102奥入瀬バイパスを通り焼山へ。

道が広くて運転しやすい奥入瀬バイパスでは、焼山まで全く対向車とすれ違いませんでした。

焼山でトイレ休憩し、昨日と同じ道で青森市内方面へ。

再び蔦温泉に来ました。

奥入瀬を歩いて汗をかいていたので、2日連続の温泉でも良かったですが、雨が降ってないのでこの日は蔦七沼巡りへ。

20200706139

蔦七沼を早足で1時間かけて歩きました。

今度は秋に来たいですね~。

20200706143 20200706147

20200706149 20200706150

20200706153 20200706157

20200706159

蔦温泉を出発する頃には霧が濃くなってきました。

青森市に入るまでは道路は霧で真っ白。車のライトは点けっぱなし。

青森市に入り、酸ヶ湯温泉付近は霧はなくなり晴れてました。

晴れてたので、昨日見えなかった城ヶ倉大橋を再訪。

はっきり見えました。

20200706160 20200706162

八甲田ロープウェーは時間の関係もあり通過。

夕方になり、食料を調達して本日のホテルへ。

20200706167

部屋からの景色。

20200706168

コロナも気になることからチェックイン後は外出もせず部屋にこもり、調達した食料で夕食としました。

20200706169

| | コメント (0)

2020年8月13日 (木)

2年連続7月は東北方面へ(1日目)

新型コロナの影響でで5ヶ月近く府内から出ていませんでした。

6月、全国的に緊急事態宣言が解除されてからしばらくして、ストレスも溜まっていたので、感染に気をつけながら7月に2泊3日で出かけてきました。

いつものようにモノレールで伊丹空港へ。

20200705001 20200705004

今回はJAL便を利用。欠航の文字が目立ちます。

20200705007

今回乗る飛行機の搭乗口付近。普段はたくさんの人で賑わってますが、このあたりの搭乗口から飛び立つ飛行機が少なくガラガラ。

20200705010

行先は青森。通常機材はE90ですが、E70に変更されています。

青森に観光で訪れるのは、学生時に東北ワイド周遊券で訪れた時(平成初期)以来です。

今回JALダイナミックパッケージで、往復の飛行機とホテル1泊で2万円ちょっとで予約できました。

20200705008

乗客が少ないため早発。機内でのお茶の提供は紙パック。

20200705015

青森市内が見えてきました。梅雨時なので天気はイマイチ。

20200705019

青森空港へは一度陸奥湾に出てから旋回し着陸しました。

20200705023

空港からはターミナルビルに隣接する建物でレンタカーの手続き。

20200705024

一旦青森市中心部に出て買物してから、八甲田方面へ。

萱野高原でトイレ休憩。

通常なら長生きの茶が無料で飲めますが、新型コロナの影響で提供中止中。

20200705025

標高を上げるにつれて、視界が悪くなってきました。

天気が良ければ八甲田ロープウェーに乗ろうと考えていましたが、天候不良につきパス。

城ヶ倉大橋が見えません。

20200705026

今回借りたレンタカー。

20200705030

天気が良ければ沼巡りでもしたかったですが諦め、この日は温泉巡りにしました。

まずは酸ヶ湯温泉。

20200705031 20200705032

大きいお風呂は混浴です。

トラブルがあったんでしょうね、浴室内には至る所に壁ができてました。

入浴後、昼食は地元の工藤パンが作るイギリストースト。

八甲田方面に向かう前に買ってました。

20200705036

酸ヶ湯温泉から十和田湖方面に南下します。

国道103号。

20200705037

次は蔦温泉。

ここもいいお湯♪。

20200705039 20200705040

時間はまだたっぷりありますが、朝も早かったし、天気も悪いので、この日の宿に向かいます。

この日の宿は谷地温泉。

歴史を感じる建物です。

ここはダイナミックパッケージとは別で予約しました。

20200705045 20200705047

20200705048

部屋は和室にベッドが置いてあります。

20200705044

ここの温泉はぬるめの湯と熱めの湯の2種類があり、ぬるめの方が好みの私は、ぬるい方に1時間ほど浸かってました。

18時から夕食。

飲物は地元の奥入瀬ビール。

20200705055

シンプルプランなのに品数、量ともに十分。

地元の素材を中心に使用しており、また温かくして食べるものはできたてを提供していただき、とても満足しました。

20200705054 20200705053

20200705058 20200705057

20200705056 20200705059

食後もぬるめのお湯に浸かり、1日の疲れを癒やしました。

| | コメント (0)

2020年7月29日 (水)

入院の振り返り

6月の話です。

いつもでしたら6月は北海道へ旅行するのですが、新型コロナの影響で旅行どころではないので、この際にと思い、昨年11月から悩まされていた尿管結石を除去するために入院することとしました。

4日間の入院生活を簡単に振り返ります。

   

○ 1日目

12時に入院。

新型コロナの影響か、4人部屋で入院患者は私一人。

20200600001

18時に夕食。

まさに病院食という味付け。

おかず少なめで、ごはんは250グラムもありました。

20200600002

就寝前下剤を飲んで終了。

   

○ 2日目

この日はオペの日で、術後は絶対安静なので一日絶食。

術後はトイレも行けないので、尿管カテーテルで対応です。

オペ前に点滴用の針を刺され、昼前に浣腸されて腸の中を空っぽにしました。

20200600003 20200600004

13時頃からオペ開始。

オペ室までは歩いて移動。

手術台で脊髄麻酔をされ、しばらくすると下半身が完全に麻痺しました。

なお上半身は普通に動き、意識もあります。

私の尿管結石はそれほど大きくなく順調にオペは進み、1時間もかからず終了。

帰りはベッドに乗せられた状態で看護師に部屋まで運ばれました。

オペ後、ドクターから結石をいただいたのかこれ。

20200600009

細かく砕かれてますが、元々の大きさは5ミリ程度でした。

暗くなる頃に麻酔が徐々に切れてきて、日付が変わる頃には動かせるようになりました。

   

○ 3日目

起床後は看護師に付き添われて歩行リハビリ(麻酔が切れているかの確認)。

8時に朝食です。

20200600005

尿管カテーテルを抜かれ、その後はトイレの度に量と色を記録するよう言われました。

昨日は手術後ずっと点滴を受けていたせいか、1時間おきにトイレに行っては尿の確認。

12時に昼食です。ごはんは相変わらず250グラムです。

20200600006

午後になって、明日手術を受けるという、私よりも若い方が入院。

これで貸切状態は終了。

夕方には担当ドクターが来て、明日退院の許可をいただきました。

18時に夕食です。

20200600007

尿の確認の他は何もすることがなく、テレビを見て過ごしました。

   

○ 4日目

退院の日です。

8時から朝食の予定でしたが、運ばれてきたのは8時30分頃。

20200600008

朝食後は帰宅の準備をし、退院の時間までのんびりしていました。

10時には退院し、4日間の入院生活は終了しました。

| | コメント (2)

2020年3月14日 (土)

2019初冬の北海道旅(4日目)

最終日の朝食です。

バイキングなのでついつい取り過ぎます。

20191203001

今日も鳥さんは活発です。

20191203005 20191203006

最後の温泉を楽しみ、10時近くにチェックアウトしました。

今回はテンを見ることができなかったのが残念でした。

 

この日は釧路空港から新千歳経由で伊丹に帰ります。

道路は昨日の雪が凍って一部ガタガタでしたが、国道に出ると乾燥路面でした。

天気も良いし、時間もあるので、大好きな多和平へ寄ります。

20191203013

見事な景色、地平線。

観光客、誰もいません。

20191203014 20191203015

20191203016 20191203017

阿寒富士や斜里岳も今日はよく見えました。

20191203019 20191203020

20191203021 20191203022

標茶市街地から国道274へ。

国道274といえば、札幌から夕張方面への道というイメージですが、終点は標茶です。

途中道道53へ入り、鶴居村の鶴見台へ。

20191203026

めっちゃタンチョウいるやん!

旅行中の中国人もたくさんいましたが・・・。

日本人は私達だけ。

20191203027

ここでこんなにタンチョウがいるのを見るのは初めてだったので、夢中でデジカメのシャッターを切りました。

20191203028 20191203029 

20191203031 20191203045

20191203051 20191203057

20191203058 20191203059

20191203063 20191203064

鶴見台にとても満足し、釧路空港へ。

新千歳行きの飛行機は15分遅れの予定となっていました。

20191203066

15時前に釧路空港とお別れ。

20191203073

十勝地方あたりまで天気は良かったです。

20191203074 20191203079 

20191203082 20191203083

座席は前から2列目。一番前の人は上級会員のようでした。

20191203085

千歳に近づくにつれて雲が増え、飛行機もかなり揺れました。

20191203087 20191203088

遅れを取り戻せないまま、新千歳空港に到着。

乗ってきた飛行機は政府専用機近くのスポットに沖止め。色々な事が重なりターミナルビルまでバスで10分以上要しました。そのため乗り継ぎできない人が何人かいたようで、係員にどうすればいいか尋ねていました。

20191203091 20191203094

ターミナルに戻り、きのとやのソフトクリームでおやつタイム。

20191203095

伊丹行きの飛行機まで時間もあったので、美瑛のコーンパンを買うことができました。この日は列が短く、売り出し時間に並んでも買えました。

20191203096 20191203097

伊丹行きはいつものANA780便。

機内はガラガラでした。

20191203099

淀川の夜景が見えてきて数分後に伊丹へ着陸。

20191203100

荷物を受け取り、モノレールで帰宅しました。

  

今回は最終日に無事に帰宅できてよかったです。

2年前の同時期の旅行は、大変な目に遭いましたからね~。

この時期の旅行は雪のリスクがありますが、観光地も空いてるし、温泉も気持ちいいしやめられません。

| | コメント (2)

2020年3月12日 (木)

2019初冬の北海道旅(3日目)

朝起きた時は、まだ雪は降ってませんでした。

まずは朝食。

20191202001

傾けてもこぼれない濃厚な牛乳。

20191202002 20191202004

少しですが、雪が積もってきました。

20191202018

朝食後温泉に浸かり、ロビーでコーヒーを飲みながら午前は野鳥観察。

連泊は宿でのんびりできるのでいいですね。

今回は残念ながらテンが出てきてくれないです。

20191202010 20191202011

20191202015 20191202016

20191202021 20191202022

20191202023 20191202028

20191202039 20191202042

20191202032 20191202033

20191202044 20191202045

20191202068 20191202069

この日に帰られる方のチェックアウトも終わり、ロビーも静か。

20191202055

お昼は天ざるそば。

連泊客へのサービスです。

宿へ直接予約の場合、お昼を食べるか、夕食時ワンドリンクサービスのどちらかがサービスとして付いてきます。

20191202062

食後中標津中心部へ買い出しに行きましたが、がっつり雪が積もってました。

20191202064

中心部までの往復、道路の雪が中途半端に溶けたりしていて怖かったです。

何回も滑りました。

  

温泉に浸かり、この日は18時に夕食開始。

メニューはこちら。

20191202074

海の幸山の幸色々とあり、今日も残さず美味しくいただきました。

20191202075 20191202076

20191202077 20191202078

20191202079 20191202080

20191202082 20191202083

20191202084 20191202085

食後は何とタヌキが登場!

サプライズでした。

20191202086 

明日は最終日。楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいますね。

| | コメント (0)

2020年3月11日 (水)

2019初冬の北海道旅(2日目)

朝7時頃起きました。天気は曇りです。

朝食は和食。前回は洋食でした。

20191201003

食堂から気球が見えました。十勝川温泉あたりから飛ばしているのでしょう。

20191201002

外にリスもいましたが、すばしっこくて撮影失敗。

  

9時前に宿を出発し、のんびり東へ向かいます。

ますは道の駅ステラ★ほんべつでトイレ休憩。

20191201007 20191201008

20191201010 20191201011

昨夜の食べ飲み過ぎがたたったのか、道の駅あしょろ銀河ホール21でもトイレ休憩。

20191201013

足寄といえば松山千春!

20191201014

20191201015 20191201016

足寄から国道241に入り、

20191201021

無事オンネトーに到着。

日陰は若干凍っていたので、慎重に運転しました。

野中温泉より先はあと一週間で冬期通行止め予定でしたので、来ることができてよかったです。

20191201024

青空も見えてきました。

20191201027 20191201028

湖面は凍っていて、寝そべって撮影している人がいました。

魚でも撮影していたのでしょうか。

氷は分厚い感じはしなかったので、見ている方もヒヤヒヤでした。

20191201025

阿寒湖のセイコーマートでお昼を買い、移動しながらいただきます。

道の駅摩周温泉ですが、とても綺麗になりましたね。

足湯もあります。

20191201039 20191201040

弟子屈といえば大鵬。

20191201041

弟子屈中心部を抜け、摩周湖第一展望台へ。

第一展望台より先は冬期通行止めです。

20191201042

観光客は少なめ(車5台くらいしか停まってませんでした)。

寒い中、のんびり景色を眺めます。

20191201043 20191201044

斜里岳は頭を隠していました。

20191201053

釧路方面はかなりどんより。

20191201054

土産物屋で妻が欲しがっていたロイズのチョコレート菓子(札幌市内の直営店と新千歳空港以外では、道東では摩周湖でしか買えない)を購入し、この日の宿へ。

またかと思われますが、このあたりで宿泊するならば「湯宿だいいち」さんですね。

隣のホテル養老牛が閉館したので、養老牛温泉の宿は湯宿だいいちさんだけになりました。

玄関は工事中で、仮の玄関から中に入ります。

20191201057 20191201056

部屋に案内される前に、ロビーで飲物とお菓子をいただきます。

女性はここで好きな浴衣を選びます。

日毎に違う浴衣を着ることもできますよ。

20191201060 20191201058

今回の部屋は新館の173号室。

20191201065

どの部屋も素敵ですね。

20191201070 20191201073

20191201074 20191201075

20191201068 20191201069

大きな窓からは庭と川。

20191201077

早速温泉に浸かり、疲れを癒やします。

部屋に戻り、スタッフにフクロウが来たら連絡してくださいとお願いして、5時台になるとロビー付近にフクロウ登場!

遠目にいたので、撮影はこれが限界。

20191201081

19時になり、待ちに待った夕食。

この日のメニューです。

20191201083

食前酒。

20191201085

ビールはサッポロクラシック富良野ビンテージ。

20191201091

昼を軽めにしていたので、昨夜の食べ過ぎによるもたれも解消。

美味しい料理を堪能しました。

20191201084 20191201086

20191201087 20191201088

20191201089 20191201090

20191201092 20191201093

20191201094 20191201095

20191201096 20191201097

20191201098 20191201099

20191201100 20191201101

食後も温泉を堪能。

夜は日帰り客もぐっと減るので、落ち着いて入ることができました。

  

翌日は雪予報。どんだけ積もるかな?

| | コメント (0)

2020年3月10日 (火)

2019初冬の北海道旅(1日目)

ここ数年恒例となった、初冬の旅を振り返ります。

いつものように自宅最寄駅からモノレールに乗って伊丹空港へではなく、今回は関西空港を目指します。

南海なんばからラピートで関空へ。

20191130001 20191130002

画像は空席がありますが、最終的には座席はほぼ埋まりました。乗客の半数は外国人でした。

20191130005

関空に到着し、

20191130009

連絡バスで第2ターミナルへ。

20191130011

今回搭乗したのはピーチの釧路行き。

直行便で2時間です。

バリューピーチ(セール運賃)で一人当たり7,670円でした。

直行便で12時に道東釧路に到着できるのはメリット大です。

20191130014

関空を離れます。

20191130017

ピーチは「おっさんずラブ」に協力してましたね~。

20191130018 20191130019

土曜日だったからか機内はほぼ満席。

20191130020

足下狭くて辛いです。

20191130026

機内からの景色。晴れててよかったです。

関空と神戸空港も見えました。

20191130024 20191130025

20191130029 20191130034

日高山脈方面です。

20191130037

そろそろ到着。

20191130040 20191130041

釧路には定刻に到着しました。

20191130042 20191130043

レンタカーを借り、帯広方面へ。

阿寒ICから音更帯広ICまで道東道を利用し、向かう先は六花亭西三条店。

20191130045

サクサクパイとアイスサンドでおやつタイム。

妻はケーキをプラス。

無料コーヒーとともに美味しくいただきました。

20191130046

食後は池田町へ。

今夜は「おおくま」さんに宿泊。料理自慢の宿です。

ロフト部屋でした。

20191130047 20191130049

20191130048

お待ちかねの夕食タイム。

宿泊客は私達のみ。

この日のメニューはこちら。

20191130056

食べきれない量の料理が出てきます。

カニの量がめちゃくちゃ多い!

20191130055 20191130054

20191130057 20191130058

20191130059

13年前は完食しましたが、今回はかにチャーハンを残してしまいました。

スミマセン。

| | コメント (0)

2020年3月 5日 (木)

2019年8月の北海道旅(3日目)

3日目最終日、10時近くまでホテルでのんびりしてました。

10時にホテルを出発。3日間いい天気。

この日は創世スクエアへ。

20190806002

onちゃん発見!

20190806003

創世スクエア内のタリーズで一服。

HTBがあるので、onちゃんやどうでしょうグッズがたくさん!

20190806010 20190806007

20190806005 20190806004

20190806008

20190806006 20190806009

昼食は時計台下の大番で冷やしたぬきの中盛。

中盛でもなかなかのボリューム。

20190806012 20190806011

札幌駅まで歩き、JRで空港へ。

札幌始発だったので余裕で座席にありつけました。

20190806013 20190806014

新千歳空港に到着し、おやつは、きのとやのソフトクリーム。

20190806015

搭乗まで時間がたっぷりあったので、カードラウンジで飛行機撮影。

20190806016 20190806018

20190806019 20190806020

20190806022 20190806024

20190806025 20190806026

20190806028 20190806031

20190806027 20190806034

帰りの便は17時55分発伊丹行き。

20190806035

帰りもほぼ満席でした。

隣の人にコーヒーをこぼしてしまうハプニングがありましたが、無事伊丹に到着。あっという間の3日間でした。

| | コメント (2)

2020年3月 4日 (水)

2019年8月の北海道旅(2日目)

2日目、この日は余市に行ってきました。

20190805002 20190805004

高速バス仕様のバスでほどよい混み具合。

20190805005

札幌西ICから札樽道へ。いい天気。

20190805007 20190805009

1時間40分くらいで余市に到着。

朝から何も食べてなかったので、柿崎商店でほっけ定食。

20190805014 20190805012

食後はニッカウヰスキーへ。

20190805015

ガイド付き見学コースが空いていたので申し込み。

20190805016

ガイドから説明を受けながら、のんびり見学。

20190805018 20190805017

20190805044 20190805041

20190805036 20190805035

20190805034 20190805032

最後はお楽しみの試飲♪

前回(15年前?)はレンタカーで来たので飲めなかったのです。

20190805029

自販機で購入したおつまみとともに美味しくいただきました。

20190805024 20190805025

帰りのバスまで余市駅付近をブラブラ。

20190805045 20190805046

余市駅前十字街から札幌駅行きのバスに乗車。

20190805048

小樽市内で大量の中国人が乗車し、補助席まで満席。

札幌西ICを下りた最初のバス停、西町北20丁目で下車。

大量の中国人もイシヤチョコレートファクトリーに行くために下車。

20190805053

宮の沢の「ちえりあ」にあるカフェで休憩。

20190805054

その後、以前住んでいた付近を歩きで移動し、

20190805055

西野の根室花まるで早めの夕食。

20190805058

17時台だったのでとても空いてました。

20190805060 20190805061

歩いて西町北7丁目まで移動し、バスで札幌駅方面へ。

札幌駅や大通へは、地下鉄よりバスが安いのです。

20190805062

時計台前で下車し、夜の時計台をパチリ。

20190805066 20190805065

大通公園もパチリ。

20190805071 20190805073

気温はまだ25℃、暑いっ。

20190805076

最後はすすきのの電飾で締め。

20190805081 20190805080

| | コメント (0)

«2019年8月の北海道旅(1日目)